ホームへイラレブック> 果物果物 >りんごの絵文字りんご >りんごの絵文字りんごの神話 >りんごの絵文字りんごのお酒 ライン

【りんごのお酒】イラストでわかるアップルブランデー、カルバドス

更新:2022年9月2日(金) りんごのお酒を切り分け 初版:2020.01.10

目次一覧りんごの目次

カルバドスりんごのお酒

カルバドスりんごのお酒

カルバドス

カルバドス詳細

カルバドス別名アップルブランデー。
発酵させたりんごりんごを原料にして、 それを蒸留して作る、りんごリンゴの蒸留酒だ。

蒸留したてだと無色透明なお酒だが、 樽に入れて3年以上熟成させることで 美しい琥珀色へと変化していく。
ヨーロッパを中心に世界各国で作られており、 日本国内でもたくさんの種類が手に入る。
中には瓶の中に丸ごとりんごりんごを入れて、 さらにりんごりんごの風味を増しているものもあって、 見た目も可愛いので贈り物に貰っても嬉しい。
アルコール度数は40度以上あるものの ブドウブドウで造られたブランデーよりも りんごりんごの香りに助けられて飲みやすいものが多く、 口の狭いグラスに少量を注いで、 立ち上る香りを楽しみながらゆっくりと、 ストレートで飲むのがおすすめだ。
大型リカーショップでもオンラインショップでも、 大抵は数種類取り揃えてあるので、 自分好みのカルバドスカルバドスを見つけてみよう。
信州りんご
信州りんご

りんごをアルコール発酵させて、蒸留したあと樽に漬け込んだお酒よ。

陸奥りんご
陸奥りんご

これ、瓶にりんごが入ってるのもあるけど、どうやって入れるのかしら。

津軽りんご
津軽りんご

あれはね、果実が小さなうちに瓶をかぶせて、瓶の中で育ててるのよ。

信州りんご
信州りんご

えっ!果実1コずつに瓶を付けるの!?

津軽りんご
津軽りんご

そうよ。そして育ったら枝からもいで、瓶にカルバドスを注ぐの。

陸奥りんご
陸奥りんご

箱いり娘ならぬ、瓶入りりんごね❤

シードル

シードル詳細

こちらはりんごリンゴの醸造酒だ。
シールドではなく、シードルシードル。

醸造酒というのは発酵させた原料を蒸留せず、 そのまま飲むお酒のこと。
なので出来上がったお酒に余分なモノが入らないよう、 予め果実を絞ってジュースにした状態で発酵させるのだ。
発酵すると果物の糖分が分解されて、 アルコールと炭酸ガスが発生してくる。
そのためできあがったお酒は自然と炭酸飲料になる。
ブドウぶどうで作ったワインの場合、 スパークリングワインを造るとき以外は あえてガス抜きをしながら発酵させることで 炭酸の泡が立たないお酒を作り上げているのだが、 りんごりんごで作る蒸留酒は基本、発泡したまま瓶詰めされる。
最近は青森県を中心に国産シードルシードルも多く作られ、 オンラインで購入可能になっているので、 国内外の色々なシードルシードルを飲み比べしてみよう。
ニッカやメルシャンなどの有名メーカーの物は コンビニやスーパーでも気軽に手に入る。
カルバドスカルバドスと違ってアルコール度数は10%前後。
大手メーカーが飲みやすく作ったものなら アルコール3%という低アルコールタイプまであるので、 それほどお酒が得意じゃない人も安心だ。
陸奥りんご
陸奥りんご

シードルっていうのはフランス産のスパークリングアップルワインって感じね。

津軽りんご
津軽りんご

天然ガスのしゅわしゅわが美味しいのよね~❤

信州りんご
信州りんご

ちなみに炭酸じゃないアップルワインもあるのよね❤

信州りんご
信州りんご

甘く香り高く…。まさに魅惑の味なのよ。

津軽りんご
津軽りんご

カルバドスのグラスを傾けながら、美を語り合いましょ

↑目次へ戻る

バラ科

りんご