イラレブック

パーフェクトガイド

プレイステーション
イラスト

クラシックゲームを変えたもの


プレイステーション
Tweet #EikyuhozonbanN

プレイステーションとは


喧嘩した友達と再会した気持ちです。

人は、一度喧嘩して仲良くなると、あの頃を思い出して
今の素晴らしさに涙するのかもしれない。

1994年に発売されたプレイステーションは、
ゲーム界にとって、とても大きな意味があり衝撃があった。

ゲーム界は、任天堂を筆頭にセガ、NECが
3大巨頭として永遠に変わらぬように君臨し

ユーザーも、さもそれが当たり前のように考えていた。
しかし、時にそれが何なのか何食わぬ顔で、颯爽と現れ
これまでの系譜を踏まぬような形で
今までの常識をひっくり返すような
存在が現れることがある。

プレイステーション

プレイステーションの登場は、
そんな新興勢力そのものだった。

ゲームの概念を変えた。
それまでゲームはオタクが使うもので
カッコいいとは言えないものだったが
プレイステーションゲームをスタイルに変え
これまでに無かった新しい見せ方や
ゲームが次々と登場し
洗練された現代的なコマーシャルと新しい概念で
ゲームをかっこいいものに変えたのだ。

そして、新しい人たちに受け入れられ、
今日までのゲームの概念を大きく変えていったのだ。

その時代に流されるように
今や巨頭たちは姿を消し、
ゲームの価値を最後まで変わらず考え抜いた
任天堂以外は、ゲームハードの戦場から姿を消してしまった。

2018年、実に24年ぶりに登場した
プレイステーション クラシックには、抱きしめたくなるぐらい
そんな色んな思い出が詰まっているのだ。

プレイステーション クラシックとは


あの時代を活躍した夢の4大ハードメーカーが
揃って凌ぎを削った時代の始まり
プレイステーション クラシック
もう2度とないだろう、まさに変革寸前の夢の時間を
切り取り象徴化したものなのだ。
去っていった巨頭たちの想いを背負い、
ゲーム業界を牽引してきたプレイステーションの第一歩なのだ。

プレイステーション、略してPS無くして、
2019年に世界で大活躍しているプレイステーション4はない。

クラシック



現行の任天堂のスイッチ、
ソニーのプレイステーション4、MicrosoftのXbox One
FacebookのOculus
GoogleのStadia、microsoftのProject XCloud、
アップルのApple Arcade、ソフトバンクの
GeForce NOWなどのクラウドゲーミングや
ソニーのプレイステーション5、はたまた、まだ姿を見せぬ新興勢力。

ゲーム業界が今後どう変わっていくかを知るには、
まだまだ長生きが必要だ。



プレステ クラシック 収録タイトル


当時、映画さながらの美麗映像で話題となった、
ドラクエに並ぶ国民的ハイクウォリティRPG
「ファイナルファンタジーⅦ」

「0655」「ピタゴラスイッチ」「だんご三兄弟」
「バザールでござーる」など、わかりやすいCMや番組などで有名な
佐藤雅彦さんが作ったパズルゲーム「I.Q」

プレイステーション4史上、新規オリジナルで記録を残した
ハリウッド新作を連想させる凄い演出で魅せる
「DEATH STRANDING」の小島監督作品である「メタルギアソリッド」

他にも、大人気シリーズ「バイオハザード」
「ペルソナ」などが収録されている。

タイトル名
アークザラッド
アークザラッドII
ARMORED CORE
R4 RIDGE RACER TYPE 4
I.Q Intelligent Qube
GRADIUS外伝
XI [sái]
サガ フロンティア
Gダライアス
JumpingFlash!
アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
スーパーパズルファイターIIX
鉄拳3
闘神伝
バイオハザード ディレクターズカット
パラサイト・イヴ
ファイナルファンタジーVII
インターナショナル
ミスタードリラー
女神異聞録ペルソナ
METAL GEAR SOLID
ワイルドアームズ




今日のいい言葉


すべての偉業は、
最初は不可能だと言われていた。

トーマス・カーライル

プレイステーション関連リンク


プレイステーション

ホームへ戻る

イラレブック