イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

Tweetie

BlueToothイヤフォンとして使える骨伝導サングラス


Tweetie
Tweet #EikyuhozonbanN

Tweetieとは


スパイ道具みたいに完全ワイヤレスイヤフォンとして
使えるサングラスTweetie(ツイッティー)が登場した。

Tweetie

耳を(ふさ)がずに音が聞ける「骨伝導(こつでんどう)」を搭載(とうさい)
ただし音漏(おともれ)れはするので
スパイみたいに使うには、この記事で紹介する
「自分だけ聞こえるようにするコツ」が必要。

首の動きだけで操作できる「ジェスチャー機能」と
軽くて傷に強い「TR-90」を採用したフレーム
もちろんサングラスなので、「UV(ユーブイ)」からも目を守ってくれる。

今回は、そのTweetieを紹介したい。

Tweetie ジェスチャーガイド

機能 イメージ ジェスチャー操作
電話応答 1回うなづく。
着信拒否もしくは電話を切る 頭を1回横に振る。
音量上げ 頭を1回上に向ける。
音量下げ 1回うなづく。
次の曲 頭を右に。
前の曲 頭を左に。

Tweetieの使い方


自分だけ聞こえるようにするコツを紹介しよう。

Tweetieの音量を最小にして
音漏(おともれ)れしないようにする

❷左耳を手で(おお)うように
Tweetieにあてると、自分だけよく聞こえる。

Tweetie 骨伝導(こつでんどう)とは

頭蓋骨(ずがいこつ)振動(しんどう)させて音を聞くこと。
その音を骨導音(こつどうおん)という。
一般的なイヤフォンは空気伝導(くうきでんどう)で聞こえる。

Tweetie 空気伝導(くうきでんどう)とは

空気をつたって鼓膜(こまく)振動(しんどう)させて聞くこと。
その音を気導音(きどうおん)という。

自分の声と録音した自分の声が違って聞こえる理由は、
この骨導音(こつどうおん)気導音(きどうおん)に関係する。

録音した自分の声が違って聞こえる理由

実は、自分の声というのは、
気導音(きどうおん)骨導音(こつどうおん)を同時に聞いている。

しかし録音(ろくおん)して聞いた音は、
空気をつたって聞こえる気導音(きどうおん)だけになるので、
録音(ろくおん)して聞いた音は、自分の声と違って聞こえる。

TweetieのTR-90とは

正しい名前は、「グリルアミドTR-90」。
合成樹脂(ごうせいじゅし)メーカーが作ったプラスチック。
「グリルアミドTR」というのが
ポリアミド樹脂(じゅし)の商品名であり
その商品の10以上あるグレードの1つが
「TR-90」である。

透明度(とうめいど)が高く、傷つきにくく、薬品(やくひん)(ねつ)
湿度(しつど)にも強いのに軽くて安いのが特徴(とくちょう)

Tweetie ポリアミド樹脂(じゅし)とは

(さん)とアミンなどを組み合わせてつくった、
色んな材料のもとになるもの。

一般的にナイロンと呼ばれる事が多い。
ナイロンは、ポリアミド樹脂(じゅし)の種類の1つ。

(さん)とは

すっぱい味のする液体(えきたい)

アミンとは

アンモニアの水素(すいそ)原子(げんし)
おきかえ変えたもの。

アンモニアとは

水によく溶ける色のないくさい気体。

水素(すいそ)とは

水からとれる一番かるい気体。

原子(げんし)とは

それ以上は分解できない、小さなもの
原子(げんし)が集まったものが分子(ぶんし)になる

分子(ぶんし)とは

ものの最小単位
原子(げんし)の集まり

UV(ユーブイ)とは

紫外線(しがいせん)(Ultravioletの略)のこと。

目に見えない電磁波(でんじは)で、長時間、肌に当てると
しみをつくったり、目に当てると、
目が痛くなったりする。

電磁波(でんじは)とは

電磁波(でんじは)(Electromagnetic wave)とは、
空間(くうかん)の変化によってつくられる波のこと。

Tweetieまとめ

Tweetie 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック