イラレブック

(ねむ)りを(ゆた)かに。
アロマディフューザー
超音波式(ちょうおんぱしき) 卓上加湿器(たくじょうかしつき)


アロマディフューザー
Tweet #EikyuhozonbanN

概要


乾燥(かんそう)季節(きせつ)がやって来た。
そろそろオフィスで、USB充電(じゅうでん)のミニ加湿器(かしつき)
使う人も多いのではないだろうか。

湿度(しつど)が少ないと
(はだ)(くちびる)がひび()れしたり、
セキが出たりクシャミが出たりと、あまり良いコトがない。

しかしオフィスというのは空間(くうかん)が広いし、
人の出入りが多いせいか、
ミニ加湿器(かしつき)がどんなに頑張(がんば)っても、
残念(ざんねん)ながら成果(せいか)を感じることが少なかった。

アロマディフューザー

というワケで視点を変えて、
自宅で枕元(まくらもと)加湿器(かしつき)設置(せっち)したところ、
目覚めた直後の調子が良くなったせいか、
日中もあまり苦しまなくなった。

アロマディフューザー


筆者が使っているのは、
超音波式(ちょうおんぱしき)卓上加湿器(たくじょうかしつき)

選考基準(せんこうきじゅん)は以下の4点だった。

アロマディフューザー

アロマが()ける:アロマテラピーがしたかったので、これは大事だ
手入れが楽:難しい機能がついていない簡単なつくりで、直感的に使える
高価過ぎない:これはいつでも大事だ
スリム(せま)いスペースに置ける

かわいい動物のかたちをしているものや、
大型のパワータイプ、
和室に似合う骨董品(こっとうひん)のような見た目のものまで、
様々なラインナップが(そろ)っているので、
使用する部屋の都合と好みに合わせて選ぶとよいだろう

アロマディフューザー

関連(かんれん)リンク


イラレブック