イラレブック

Pixel 4(ピクセル フォー)

スマートでポップなGoogle


Pixel4
Tweet #EikyuhozonbanN

ポイントまとめ

概要


あのGoogleが、スマホになっていた。

Pixel4

筆者は、iPhone3G発売前日(はつばいぜんじつ)は、列に並び
iPhone4、iPhone5、iPhone6、iPhone7、
iPhone8、iPhoneX、iPhone11ProiPhone11 Proまで、

ずーっと使ってきたiPhoneユーザーである。

時々、GalaxyやNexus、Xperiaを使う時もあったが
長く使っていると、バッテリー劣化(れっか)がひどく
全体的(ぜんたいてき)安定感(あんていかん)のあるiPhoneへ戻っていた。

もう一つ長く利用しているものがある
それが、Googleである。

検索(けんさく)エンジンに始まり、メールからドライブ
マップ、カレンダーなどは、とても便利で
ずーっと利用している

とてもスマートなGoogleは
面倒(めんどう)操作(そうさ)が少なく、常に新しく進化しながら
どんなデバイスを使っていても、気軽(きがる)に利用できた。

そんなスマートなGoogleがスマホになったのが
このPixel4じゃないだろうか。

Googleのツールが使いやすいスマホではなく
Googleのように使いやすいスマホである。

今回は、「Pixel 4(ピクセル フォー)」を
iPhoneユーザー視点で調べてみたい。

Pixel 4とiPhone11 Proの比較(ひかく)


Pixel4新機能

①Google アシスタントがすごい
使って一番驚いたのは、Googleアシスタント。

端末(たんまつ)をギュッと握ると、気持ち良く押し込めた反応があり
Siriのようなプーンといった起動音(きどうおん)がなく、静かに立ち上がる。

「今日の天気は?」と聞くと
とても滑らかな口調で、教えてくれる。

Siriならではの、音声のつぎはぎ感がほぼ無いのである。

②触り心地が良い
iPhone11 Proが重量195gに対して
Pixel4が162gなので、持つだけでも軽さを感じ
またPixel4は、画面が1秒間に90回も更新する
滑らかな画面なので、同じことをやるなら
Pixel4を使いたくなる。

 ③アプリの選び方が違う
iPhoneは、アプリアイコンを
横にスライドして選んでいくのに対して
Pixel4は、アプリアイコンを縦にスライドして選ぶ

また、ロック解除後(かいじょご)にiPhoneは
全アプリアイコンが広がっているが
Pixel4は、主要な5つのアプリアイコンと検索窓(けんさくまど)が出る。
そこから、さらに上へスライドすると
やっと全アプリアイコンが出てくるのが
iPhoneと比較(ひかく)すると手間に感じた。

④カメラの撮れ方が違う
Pixel4は、食べ物を可愛く撮るのに使っている
仕上がりがiPhone11 Proと比較(ひかく)して可愛くできるのである。
iPhone11 Proの方がキメ細かい撮影に向いている。
人物などについては、iPhone11 Proで撮るのに使っている

顔認証(かおにんしょう)のスピードが違う
顔認証機能(かおにんしょうきのう)については、FaceIDのiPhone11Proの方が速かった
Pixel4の場合は、角度を正面にしないと
反応してくれない場合がある。

Pixel4

関連リンク


イラレブック