レビューまとめ2024「平和の国の島崎へ」

更新: 画像修正

目次 低評TOP5 高評TOP10 第1 第2 第3 第4 第5 第1 第2 第3 第4 第5 第6 第7 第8 第9 10 レビューまとめとは? まとめ ↑ここをタップして見たい項目を選べる!
レビューまとめとは? 平和の国の島崎へレビューまとめ
ネタバレありレビューコメントも含めた1,000を超えるレビューを集めて分析し、ランキング形式で紹介したもの
漫画「平和の国の島崎へ」について世間はどう思っているのか? 2024年4月現在、どんな魅力があると評価されているのか?逆にどこが評価されていないのか?などがわかるように Amazonやコミックシーモアなど10の電子書籍サイトなどのレビューから1,000を超える内容を参考に集計し、その中から特にネタバレも含む重要コメント233件を中心に分析した。
さらにそれらを524の意見まで分類して高評価(評価されている内容)TOP10と低評価(評価されていない内容)TOP5にまとめてみた。 「平和の国の島崎へ」を読んでいる人はもちろん、読んだことのない人も「平和の国の島崎へ」の何が面白くて、何があまり評価されないポイントなのかがわかる内容になっている。
では早速ランキング形式で第10位から見ていこう!
高評価 第10位 平和の国の島崎へ 余韻
高評価 第10位は読んだ後の「余韻」
「最後まで読み終わった後の満足感が大きい。」や「最後のカウントダウンが読み終わった後も心に残る」など物語の結末が読者に深い余韻を残すという意見が多かった。
特に、「カウントダウンが気になる」など物語の各エピソードの終わりに挿入されるカウントダウンに関するコメントが多くみられた、 物語全体を通じて張られた伏線が、読後感に深い余韻を与えているようだ。
高評価 第9位 平和の国の島崎へリアルな「社会性」
高評価 第9位はリアルな「社会性」
「社会的な問題に光を当てる内容が考えさせられる。」や「現代社会への鋭いコメントが含まれている。」など 社会問題や現実の事件に基づいたテーマ性が作品の深みを増しており、戦争と平和への問いかけや人間性への深い洞察、現代社会の問題提起など考えさせられるポイントが多いとの意見が多く見られた。
高評価 第8位 平和の国の島崎へ アクション
高評価 第8位は迫力ある「アクション」
「アクションシーンが生き生きとしており、臨場感がある。」や「戦闘シーンの詳細な描写が迫力を感じさせる。」など 戦闘やアクションシーンの描写が無駄な過剰演出感がなく、リアルで迫力があり、このアクションでも読者を物語の世界に深く引き込んでいるようだ。
高評価 第7位 【平和の国の島崎へ1巻~4巻】各巻の見どころまとめ
高評価 第7位は巧みな「心理描写」
「キャラクターの内面描写が丁寧で、心情がリアルに伝わってくる。」や「複雑な感情の動きが細かく描かれていて感情移入しやすい。」など キャラクターの内面描写や心理的な葛藤が丁寧に描かれており、その良い意味での複雑さが読者を引きつけているようだ。
高評価 第6位 平和の国の島崎へ1巻~4巻 不穏な雰囲気
高評価 第6位は「不穏な雰囲気」
「物語の展開が深刻で、思わず息をのむ。」や「重いテーマに挑戦している点が評価できる。」など深刻で影響力のある不穏な作品の雰囲気も魅力の一つとあげる声も多い。
高評価 第5位 平和の国の島崎へ 世界観
高評価 第5位は独特の「世界観」
「日常と非日常が入り交じる描写が秀逸。」や「登場人物たちが生きる社会のリアルさとファンタジーが絶妙に混在している。」など、作者が作り上げた独自の世界観に引き込まれる点が評価されている。
特に、テロリストの日常生活という斬新な視点は読者に新鮮な体験をもたらし、平和を求める主人公と彼の過酷な戦闘経験との対比が物語に深みを加えているようだ。
高評価 第4位 平和の国の島崎へ 緊張感
高評価 第4位は「緊張感」
「各エピソードの終わり方がやや唐突で、『あの後、あの人はどうなったの?』的な疑問が残る話が多く、それが逆に物語に引き込まれる要因になっている。」や「戦闘シーンの迫力があり、ページをめくる手が止まらない。」といったコメントが見られ、物語全体を通じて高まる緊張感が評価されている。
特に、主人公の戦闘員としての過去と平和な日常との間で揺れ動く心理状態が、物語に独特の緊張感をもたらしているようだ。

さてここで、高評価の第3位に入る前に、風向きを変えて逆にどこが評価されていないのか?がわかるように、評価が低い人にとってどのような点を挙げているのか見てみよう。意見の多かった順にランキングしたので、まず第5位から発表する。
全体に対して少数意見ではあるが、悪い意見なんていくらでも言えるし、厳しい意見なんて見たくないという人は低評価の意見は飛ばして、こちらの評価されている第3位から見てほしい。
低評価 第5位 【平和の国の島崎へ】作画
評価されていない点 第5位は「初期の作画」
「等身バランスもおかしいし、不自然過ぎて読み続ける気が起きない。まずは基本的な部分をもう少しきちんとチェックしてから世の中に出してほしい。」や「リアリティが無い。絵柄がすっきりしていない。」といったコメントが目立ち、一部の読者からは作画の質に対する厳しい意見が寄せられている。
特に、キャラクターの表情や動きに自然さが欠けることが指摘されており、物語の世界に深く没入することを妨げているようだ。これらの点から、作画の質が物語の魅力を十分に引き出せていないと感じる読者が一定数いることがわかる。
低評価 第4位 平和の国の島崎へ テーマ
評価されていない点 第4位は「テーマ性」
「重厚なテーマに挑戦しているようだが、どこか表面的で深く掘り下げられていない感じがする。」や「社会問題を題材にしているものの、その解釈が独り歩きしていて、現実とのリンクが薄い。」といった意見があり、物語のテーマ性について厳しい目が向けられている。
特に、テロリズムや戦争といった重いテーマを扱いながらも、その背景や影響について深い洞察や新しい視点が提供されていないと感じている読者もいるようだ。
低評価 第3位 平和の国の島崎へ ファブルっぽさ
評価されていない点 第3位は「ファブルっぽさ」
「『ザ・ファブル』と比較してしまうと、キャラクターの魅力や物語の展開に物足りなさを感じる。」や「独自の魅力があるとは思うが、やはり影響を受けているのは否めない。」といったコメントが見られ、他の人気作品との比較で見劣りすると感じている読者がいる。
特に、他作品の持つ独特のユーモアや個性豊かなキャラクター、巧妙に練られたストーリー展開と比較されることで、本作の独自性や新鮮さが薄れてしまうという意見が目立っていた。このような比較によって、作品の個別の魅力よりも類似点や差異が強調され、評価が分かれる原因となっているようだ。
低評価 第2位 平和の国の島崎へ ストーリー
評価されていない点 第2位は「ストーリー進行」
「物語が時に散漫で、主要なプロットに焦点を当てるのではなく、余計なエピソードで読者の注意を散らす傾向がある。」や「ストーリーの進行が遅く、予測可能な展開が多いため、引き込まれることが少ない。」といったコメントがある。
特に、物語の中心的なテーマから逸脱するサブプロットや、期待を裏切らない安全な展開が物語の深みを損なうと感じている読者がいるようだ。
低評価 第1位 平和の国の島崎へ 不穏さ
評価されていない点 第1位は「不穏さ」
「作品全体を覆う不穏な雰囲気が、時として読むのをしんどくさせる。」や「物語の緊迫感が常に高まっており、心地よい読書体験とは言い難い。」「読後感が悪く、重い気持ちになる。」といった意見が見られた。
さらに、物語の最終的な行く末に対する暗示が強すぎるため、読み進めるモチベーションを失うという声もある。特に、物語終盤に向けて設定されたカウントダウンは、不穏さを際立たせ、終わりに近づくごとに一部の読者の不安を煽ってしまっているようだ。
カウントダウンはインパクトがあるだけに、ネガティブに映りやすかったのかもしれないが、きっと読者の予想を良い意味で裏切る結末が用意されていると信じたい。

さあ、次からは気を取り直して、最も評価されている第3位から発表する。
高評価 第3位 平和の国の島崎へ テーマの深さ
高評価 第3位は「テーマの深さ」
「複雑な人間関係や社会的な問題を巧みに描き出している。」や「主人公の内面と外の世界との葛藤が、読者に強い共感を呼び起こす。」など、物語の根底に流れるテーマの深さに魅了される声が多数寄せられている。
特に、平和への願望と過酷な現実の間で揺れる主人公の姿は、読者自身の内面にも響く重要なテーマとして捉えられているようだ。
また、登場人物たちの背負う過去と現在の姿が、テーマの豊かさを引き立てており、読者を深い思索へと誘う。このように、物語を通じて提示されるテーマの深さは、読者にとっての大きな魅力の一つとなっていることが伺える。
高評価 第2位 平和の国の島崎へ ストーリーの魅力
高評価 第2位は「ストーリーの魅力」
「展開が予測不可能で毎回驚かされる。」や「キャラクター一人ひとりの背景が丁寧に描かれ、感情移入しやすい。」など、物語の巧みな構成と深い人物描写に魅力を感じるレビューが目立った。
特に、テロリストとしての過去を持つ主人公の日常とその心理描写は、読者に強烈な印象を与えるとともに、深い共感を呼び起こしている。
また、物語の中で徐々に明かされる彼の過去と現在の葛藤は、ただのアクション物語を超えた深いドラマを生み出している。
さらに、サスペンスフルな展開と予期せぬどんでん返しは、読む者を最後まで手に汗握らせる。こうしたストーリーの魅力は、多くの読者を物語の世界に深く引き込み、続きが待ち遠しいという期待を高めているようだ。
高評価 第1位 平和の国の島崎へ キャラクター
高評価 第1位は「キャラクター」
「主人公の深みと複雑性が心を打つ。」や「脇役たちも魅力的で、一人ひとりにストーリーがある。」「主人公の複雑な多面性が見事に描かれており、その内面の深さに引き込まれる。」といった声が多数寄せられ、キャラクターたちのリアリティと魅力が高く評価されている。
特に、主人公の魅力はその多面性にあり、過去の経験から生まれる葛藤や成長が細やかに描かれている。
また、敵役のキャラクターにも深い背景が設定されており、単なる対立関係だけでなく、彼らの行動にも理解が深まるような描写が施されている。対立するキャラクターの深みは、物語の緊張感と複雑さを増しており、読者を魅了しているようだ。
「主人公とサブキャラクターの間に生まれる絆や対立が、ドラマチックなストーリー展開を生んでいる。」や「キャラクター一人ひとりの成長が、感動的な物語の核となっている。」といったコメントもあり、キャラクターへの愛着をさらに深めている。
このように、キャラクターたちの魅力は、彼らの多面性、成長、そして対立する者たちの深みによって形成されており、それが本作の魅力を大きく引き立てている。
まとめ
「平和の国の島崎へ」は最強主人公「島崎」や緻密でリアルなサブキャラの融合が最大の魅力!
平和の国の島崎へ レビューの高評価と低評価コメント数比率 どうだっただろうか? 平和の国の島崎へは緻密でリアルなサブキャラの融合が最大の魅力 これらをまとめると2024年4月の段階で、数値的に見ても高く評価する人の割合が多く、高く評価されている作品と言えるだろう。

レビュー評価まとめグラフ

(黒字が高評価/赤字が低評価) 平和の国の島崎へ レビューグラフまとめ 島崎ファンなら評価されているポイントは納得のポイントだったり、逆に評価されていないところは、そこも良いポイントなのにな〜という意見もありそうだ。 筆者も島崎ファンの一人だが、評価されていないレビューのコメントは意外性があって勉強になったぐらいだ。 視点が変わるとこうも評価が変わるのは面白い。
ここでは紹介できなかったが、評価されているコメントの「その他」の中には、平和への願望や期待感、読後感の切なさ、作画の質が魅力とコメントしている読者もいた。
もし読んだことがない人は、ぜひこれを機会に漫画を読んでみてほしい。 読んだ後は、 キャラ一覧を詳しく紹介していたり、登場人物の関係性が一目でわかる キャラクター相関図も用意している。 またwiki代わりの用語集もまとめているので、そちらもご活用頂けるとさらにこの作品をより楽しんでもらえるんじゃないだろうか。

◆平和の国の島崎へ 基本情報

タイトル平和の国の島崎へ
ジャンル現代バトルアクション
カテゴリー青年漫画
原作濱田轟天(はまだごうてん)
漫画瀬下猛(せしも たけし)
出版社講談社
連載開始日2022年8月4日(木)
初掲載媒体モーニング2022年36・37号
連載期間連載中
巻数5巻
無料で3話まで読めるヤンマガWEB公式サイト
無料で2話まで読めるコミックDAYS公式ページ
連載誌の公式サイトモーニング公式サイト
公式X(旧twitter)平和の国の島崎へ公式X
漫画「平和の国の島崎へ」カラー画像

◆平和の国の島崎へ

原作濱田轟天(はまだごうてん)
漫画瀬下猛(せしも たけし)

◆既刊コミックス発売日

巻数概要
平和の国の島崎へ 単行本1巻1巻これ1冊でタイトル回収!
平和の国の島崎へ 単行本3巻3巻気になる引きで終わった2巻のつづき!
平和の国の島崎へ 単行本5巻5巻SATA少年の登場で新展開へ
1巻2022年12月22日(木)
2巻2023年3月23日(木)
3巻2023年8月4日(金)
4巻2023年11月22日(水)
5巻2024年03月22日(金)

▷▷さらに詳しく見たい場合はこちらの単行本ガイドの記事へ
▷▷あらすじが見たい場合はこちらのあらすじの記事へ

主に参考にさせて頂いたレビュー元
Amazon
Amebaマンガ
auブックパス
BookLive
honto
コミックシーモア
まんが王国
マンバ
めちゃコミック
読書メーター
おすすめ記事
漫画「平和の国の島崎へ」の背表紙に描かれた主要なキャラクター

【平和の国の島崎へ 登場人物一覧】面白い!あらすじと対人地雷やたまきち含む21人

テーブルに置かれた平和の国の島崎へ用語集の本

「平和の国の島崎へ」wiki代わりの用語集

平和の国の島崎への単行本ガイド、コンクリートの打ちっぱなしの部屋にある単行本の図鑑のイメージ

漫画タブ 【平和の国の島崎へ1~5巻】単行本ガイド

テーブルに置かれた平和の国の島崎へ用語集の本

「平和の国の島崎へ」wiki代わりの用語集

平和の国の島崎への相関図イメージ

【平和の国の島崎へ相関図】3巻までの登場人物21人の関係性が一目で分かる!

漫画「平和の国の島崎へ」の背表紙に描かれた主要なキャラクター

漫画タブ 【平和の国の島崎へ あらすじ】まとめネタバレなし

▷▷先にPDF見出しを見る

人気記事(映画&グッズ)
ジェイク・サリー【アバター ネタバレなし相関図】あらすじキャストが画像でわかる!2の感想
【ネタバレ相関図】ゴッドオブブラックフィールド【ネタバレ相関図】ゴッドオブブラックフィールド|単行本なみの登場人物完全ガイド
ニンテンドートーキョー【ニンテンドートーキョー 整理券2022】どうぶつの森やマリオグッズ多数!