ホームへイラレブック> ゲームゲーム >ワンダースワンの絵文字ワンダースワン ライン

【ワンダースワンの名作】

WonderSwanの各部名称
おすすめソフトGunPey!枯れた技術の水平思考の集大成

最終更新: おすすめソフト追記 初版:2019.10.16 7:15

ワンダースワンの目次一覧

ワンダースワンとはワンダースワンとは
GunPey(グンペイ)GunPey(グンペイ)
GunPeyの仕組みGunPeyの仕組み
GunPeyの操作方法とテクニックGunPeyの操作方法とテクニック
GunPeyのスコアGunPeyのスコア
ワンダースワン同時発売ソフトワンダースワン同時発売ソフト
タイトル一覧>ワンダースワンのタイトル一覧
本体カラー>ワンダースワンの本体カラー
ワンダースワンの仕様ワンダースワンの仕様
携帯ゲーム機画面サイズ比較携帯ゲーム機画面サイズ比較
今日のいい言葉アイコン今日のいい言葉

ワンダースワンとは

縦でも横でも遊べるワンダースワン
スマホは、縦にも横にも遊べて 便利なのは、もはや(めず)しくないが これを1999年の時点で、 操作ボタンのついている携帯ゲーム機で すでに実現していたのがワンダースワンである。


WonderSwanは単三電池一本で約30時間遊べる。本体の重さ93g、電池約25g、カートリッジ約15g
画面はモノクロだが、単三電池たった1本で約30時間も使える。
そして、重さは約93gでソフトと電池を入れても 約133gと、とっても軽い。これはA4ノートと同じくらいだ。

ゲーム&ウォッチ、ゲームボーイ、ワンダースワン
ゲーム&ウォッチやゲームボーイを枯れた技術の水平思考で生み出した横井軍平(よこいぐんぺい)さんが深く関わった携帯ゲーム機である。
横井軍平さんと言えば、0から1を作る人ではなく、1から10や100を生み出した人。

「枯れた技術の水平思考」と言う考え方で、枯れてしまった古い技術を捉え直して、全く新しいものを生み出し続けた偉人なのだ。

ワンダースワンボタン名称
ワンダースワンは、操作するボタンも特徴的だ。
横でも縦でも操作しやすいように工夫されているのだ。

今回はそんなワンダースワンのおすすめソフトについて紹介したい。

↑目次へ戻る

GunPey(グンペイ)

GunPeyののイメージ
ワンダースワンで何を遊べば良いのか?と言う問いがあれば、それは「GunPey」である。
他のゲームも楽しく遊べるものの、他のゲーム機でも楽しめるものが多く ワンダースワンならではの体験は「GunPey」に全て詰め込まれている。

ゲームボーイで言う「テトリス」的な存在が、ワンダースワンでは「GunPey」なのである。 ゲームボーイにテトリスが入っていれば、ずっと遊べるように、ワンダースワンにGunPeyが入っていればずっと遊べるパズルゲームだ。



↑目次へ戻る

GunPeyの仕組み

GunPeyの迫り上がり方
テトリスのようなパズルゲームであるものの、ブロックが落ちてくるタイプではなく、逆にパネルが下から迫り上がってくるスタイルのパズルゲームである。
まさに枯れた技術の水平思考の軍平イズムを感じるパズルゲームの傑作である。

GunPeyのフィールドの大きさ
画面に表示される主な要素は、横5マスx縦9マスのパネルで構成されたフィールドと、そのパネルを操作するためのカーソル、そして消す対象となるラインだ。
これら要素がコアとなり、要素自体はシンプルなのに、組み合わさることで無数の自由度を生み出している。

GunPeyのラインの種類
ラインの種類はシンプルに4種類。
遊んでいるともっとあるように感じるが、ラインの種類は4種類で、いずれかがランダムに登場する。

たった4種類だが、これがランダムに登場してくると4種類とは思えないくらい複雑になり、工夫次第で無数のラインパターンを生み出せる事ができる。

GunPeyのパネルの消し方
下から迫り上がってくるパネルに描かれたラインを横一列に繋げるとパネルを消す事ができる。
このゲームは、何が面白いのか?と言えば、ラインを横一列につなげられた時が面白い。

さらに上手くなって高度なテクニックで消せるようになると、もっともっと面白くなってくる。 そうやって、どんどん引き込まれてしまう中毒性のある楽しさを、様々な工夫によって体感できるのがGunPeyの魅力だ。

GunPeyのゲームオーバー条件
ゲームオーバーの条件は、ラインが一番上を超えた場合だ。
よく見ると画面上部にトゲのようなものがある。

このトゲによって、そこが危険であることが見た目だけでもわかるようになっている。



↑目次へ戻る

GunPeyの操作方法とテクニック

GunPeyのボタン操作
操作方法も紹介しよう。
図に示したボタン以外は使用しない。

グンペイのカーソル操作
基本は、カーソルを上下左右に動かして、ラインを上下に入れ替えてつなげて消す操作だ。
縦2マスのパネルを選んで、上下のパネルを入れ替えて操作する。

基本的にはこれだけの簡単操作なのに、プレイヤーの工夫次第で無数のラインの消し方が生まれるのも魅力の一つだ。 また、慣れてくると、迫り上がってくるラインの速度を上げたり、ラインが消える時の数秒の演出もスキップできるようになる。 これらの工夫によって、プレイヤー好みのテンポでスピーディにも遊ぶことができるようになっている。

GunPeyの消し方テクニック
GunPeyでは、いくつか消し方のテクニックがあるので紹介しよう。
基本の消し方は、5つのパネルを横一列に繋げた場合だ。

途中で枝分かれさせて5つ以上のラインを繋げて消すと、分岐と言うテクニックになる。比較的、序盤に使えるようになるテクニックだ。 上下にわたって、5つ以上のラインを繋げて消すと、ジグザグという高度なテクニックになる。 また、ラインが消えている間に後から繋げて消すテクニックを後付けとよび。 ラインを繋げて消して、その間に別のラインを消すと離れ技と言うこれも高度なテクニックとなる。 これらを組み合わせながら、高得点を狙おう。



↑目次へ戻る

GunPeyのスコア

グンペイのスコア計算式
GunPeyでは、パネルを一度に沢山消せるほど、高得点を狙える。
基本で5つのラインを消した場合は100点x5ラインで500点となるが、後付けなどで6ライン消すと、倍増して200点x6ラインで1200点となる。

図に示したようなスコア計算式となるので、一度に消したライン数が多いほど、得点は倍増するので、対戦などでは、テクニックを使っていかに一度に沢山のラインを消すかが重要になる。

このタイトルは、後に「たれぱんだのぐんぺい」と言う人気キャラとのコラボバージョンや「GunPey EX」というカラー版、DS版、プレステ版、PSP版などでも発売され それぞれに良さや、対戦機能、グラフィックの強化など遊びやすくなる工夫がされているが どのタイトルより、ワンダースワンの魅力を最大限生かしたゲームである、この元祖「GunPey」が最高傑作と筆者は感じている。 何より、この元祖には遊ぶ人の自由にできるように、遊び尽くせるモードがふんだんに用意されている。 また、このGunPeyでしか楽しめない、ほぼセリフなしで進行する「STORY」モードも魅力の一つだ。 次回は、このモードの真の魅力などについても詳しく紹介したい。



↑目次へ戻る

同時発売ソフト

タイトル名画面の向き
GunPey(グンペイ)(たて)
チョコボの不思議なダンジョン for ワンダースワン(よこ)
電車でGO!(よこ)
新日本プロレス闘魂列伝(よこ)


↑目次へ戻る

タイトル一覧

ワンダースワンソフト一覧

発売名称概要
1999年
GunPeyワンダースワンの特徴を活かして、ワンダースワンを縦にして遊ぶパズルゲーム。横井軍平さんが考案したゲーム。パネル上にある線を画面の端から端までつなげると消す事ができる。だんだん下から新しいパネルが迫り上がって来るので、線のパネルが上までぶつからないように、動かしたいパネルを選んで、上下を入れ替えながら線をつなげていく。
チョコボの不思議なダンジョン for ワンダースワンチョコボが主人公の不思議のダンジョンシリーズ。ローグ系ダンジョンロールプレイングゲームだが、バトルはリアルタイムゲージで進行する。
電車でGO!電車を運転して駅の停車位置でぴったり止めるシミュレーションゲーム。山陰本線、京浜東北線、東海道本線、山手線が楽しめる。
新日本プロレス闘魂列伝6人のレスラーから選んで遊ぶプロレスゲーム。携帯でも見やすくレスラーが大きく表示される。
信長の野望 for ワンダースワン-
麻雀登竜門-
ぷよぷよ通同じ色を4つ以上つなげれば消せる対戦型パズルゲーム。
ワンダースタジアム野球ゲーム。
デジタルモンスター Ver. ワンダースワン-
海釣りに行こう!-
三国志 for ワンダースワン-
上海ポケット-
魔界村 for ワンダースワン鎧を着た中年騎士が姫を救うため魔界から来たてきと闘うアクションゲーム。魔界村シリーズとしては、宙に浮く棺桶などワンダースワンオリジナル要素が多い。


↑目次へ戻る

本体カラー

オリジナルカラー7種
シルバーメタリック
ブルーメタリック
パールホワイト
スケルトンピンク
スケルトンブルー
スケルトングリーン
スケルトンブラック


↑目次へ戻る

仕様

項目内容
発売日1999年3月4日
本体重量93グラム
画面サイズ2.49インチ
価格4,800円


↑目次へ戻る

ワンダースワン 画面サイズ比較

名称サイズ解像度
ワンダースワン2.49インチ224 x144
ワンダースワンカラー2.8インチ224 x144
ゲームボーイ2.45インチ160x144
ゲームボーイカラー2.3インチ160x144
ゲームボーイポケット2.51インチ160x144
ゲームボーイアドバンスSP2.9インチ240x160
ゲームボーイアドバンス2.9インチ240x160
ゲームボーイ ミクロ2インチ240x160
ニンテンドースイッチライト5.5インチ1280x720
ニンテンドースイッチ6.2インチ1280x720
ニンテンドー2DS上3.53/下3.02インチ上400x240/下320x240
new ニンテンドー3DS LL上4.88/下4.18インチ上800x240/下320x240
new ニンテンドー3DS上3.88/下3.33インチ上800x240/下320x240
ニンテンドーDS lite3インチ256×192
ゲームギア3.2インチ160 × 144
PSP-30004.3インチ480×272
PlayStation®Vita5インチ960x544
ネオジオポケット カラー2.6インチ160x152
Atari Lynx3.4インチ160x102


↑目次へ戻る

今日のいい言葉

この世に生を受けたことそれが最大のチャンスじゃないか。

アイルトン・セナ

↑目次へ戻る

ライン
ホームへイラレブック> ゲームゲーム >ワンダースワンの絵文字ワンダースワン ライン