イラレブック

テーマをイラレでおもしろくする!

ロケット鉛筆
イラスト

鉛筆の宝物


ロケット鉛筆
Tweet #EikyuhozonbanN

ロケット鉛筆とは

ちょっとしたロケット鉛筆コレクターかもしれない。

鉛筆

鉛筆(えんぴつ)というのは、
紙の上で非常に(ゆた)かな表現ができる
素晴らしい道具である。

ロケット鉛筆

その鉛筆を進化させたのが、筆者の愛用(あいよう)する
ロケット鉛筆だ。

ペンの歴史や、鉛筆ロケット鉛筆などの進化について
興味がある方は、イラレブックで紹介している
Apple Pencil2の記事内に図解や年表があるので、
ページ下の関連リンクから見て欲しい。

ロケット鉛筆は、(しん)を削らなく良い
とても便利な鉛筆だ。

鉛筆の芯

普通、鉛筆を使えば芯が減り、鉛筆削りで削らないといけない
しかしロケット鉛筆は、芯を削る必要がない。

ロケット鉛筆の構造

なぜなら、ロケットのように
芯が続けて中に入っており、
芯が丸くなったら、引っこ抜いて
お尻から差し込んでやれば、
キレイに(とが)った新しい芯が出てくるからだ。

ロケット鉛筆は、とても便利なツールなのだが
昔からあるのに、なぜかあまり見かけない。

そのため、なくなったら困ると筆者は、
いつも10年分ぐらいの
ロケット鉛筆を用意している。

ロケット鉛筆の仕様


項目 内容
重さ(本体)6g(ふたなし)
重さ(ふた)1〜3g
長さ(本体)14.1cm(ふたなし)
長さ(ふたつき)15.3cm
直径0.7cm
価格約120円+税/1本あたり

今日のいい言葉


一生を棒にふって人生に関与せよ。

高村光太郎

ロケット鉛筆 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック