イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

サツマイモ

冬も旬!皮も食べよう


サツマイモ
Tweet #EikyuhozonbanN

サツマイモとは


サツマイモは冬も
皮も食べよう

小さい頃、秋になると、
芋掘り遠足(えんそく)によく行った。

みんなで土からサツマイモを掘り、
採れたサツマイモを焼いて食べていた。

サツマイモ

そして大人になってからも
秋になるといつも聞くのが、
焼き芋屋さんの歌い声だ。

どうやら地域によって違うらしいが、
どことなくみんな似通(にかよ)っていて、
聞こえてくると、秋の(おとず)れを実感する。

そんなサツマイモは、冬もだ。

秋に採れたサツマイモ
2ヶ月くらい保管しておくことで、
サツマイモから余分な水分が出て
よりほっくりしたおイモになるそうだ。

サツマイモの栄養


サツマイモは大体1本200g
ただ大きさにとても差があるので、
ミニサイズは150gくらい。
ビッグサイズは500gくらいある

100gで132kcalのため、
1本で234kcalといったところだ。

サツマイモの栄養

ビタミンC:肌をキレイにしてくれる
ビタミンE:抗酸化作用で体を若く保つ
ビタミンB1:肌や粘膜を健康に保つ、脳の栄養になる
ビタミンB6:筋肉や血の材料になる
葉酸:血液の材料になる
パントテン酸:体の免疫力を高める
カリウム:余分な塩分を出してくれる
銅:鉄分を血に運ぶ。活性酸素を取り除く
食物繊維:お通じの量をふやす

ビタミン以外にも栄養がいっぱいだ。

普通サイズでかなりお腹にたまるので、
カロリー以上に満足感を与えてくれる上、
体を中から若返らせてくれる。

美味しいサツマイモの選び方


サツマイモの選び方

重たいものを選ぶ。
太いものを選ぶ。
表面に傷がないものを選ぶ。
表面がデコボコしていないものを選ぶ
ひげが細くて少ないものを選ぶ。

なお、サツマイモと言うと、
おならが出やすくなるのでは…
と心配をする人もいるだろう。

サツマイモのおならが出にくい食べ方

しかし実は皮ごと食べると、
おならの原因(げんいん)になるデンプンが
腸へたどりつく前に消化されるため
おならが出にくくなるそうだ。

サツマイモを食べるときは、
皮ごと食べて、よくかむようにしよう。

サツマイモの食べ合わせ


さいまいもを食べるとき、
一緒に食べると良いものがあるので
それを紹介(しょうかい)していく。

便秘対策の場合
乳酸菌を含むものを一緒に食べると、
食物繊維との相乗効果(そうじょうこうか)で良く効く。

キムチ

ヨーグルト

キムチヨーグルトなどだ。

身体を引き締めたい場合
タンパク質と脂質も一緒に摂ると、
サツマイモの炭水化物を使いつつ、
筋肉量を増やすことができる。

豆腐

お肉や豆腐を一緒に食べてから
ウォーキングに出かけよう。

肌をキレイにしたい場合
ビタミンAを一緒に摂る事で、
ビタミンBとEも効果が高まる。

にんじん

春菊

にんじん春菊と一緒に食べよう。
かぶの葉っぱも良い。

かぶ

今日のイラレッスン Vol.34


今回描いたサツマイモ
イラストを描く時に使っている
テクニックを紹介!

今回は、おすすめショットカットセットの使い方!

次回もお楽しみに!

キーボードショットカットセット


サツマイモ

サツマイモ 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック