イラレブック

パーフェクトガイド

ニンテンドー3DS
イラスト

スーパーファミコン3D/裸眼立体視の魅力と使い方


Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション
Tweet #EikyuhozonbanN

ニンテンドー3DSとは


日本で3,000万台以上売れ、大人気だった
タッチパネル&二画面の携帯ゲーム機

ニンテンドーDS Lite

ニンテンドーDSの次世代機として、
2011年に登場したニンテンドー3DS

メガネなしで、画面から
飛び出るように見える3D機能
(裸眼立体視(らがんりったいし))を目玉に
日本で2,500万台以上も売れている
人気携帯ゲーム機である。

当初、目玉の3D機能は、
ゲーム中に見ている角度が変わると
3Dの見え方が変わってしまい
目が疲れるなどの問題があったが

2014年に内蔵カメラによって、
プレイヤーの見える3D表示を自動調整する
3Dブレ防止機能」がついた
「Newニンテンドー3DS」が登場。

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション

さらに、2016年4月には、
スーパーファミコンのデザインが施された
特別なバージョンが発売された。
それが、Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション
である。

3DS スーパーファミコンエディション


スーパーファミコンに思い出がある人には
まるで、あのテレビにつないで
よく遊んだスーパーファミコンの大きな本体と
カラフルなボタンがついたコントローラー
そして、さらに大きなテレビも一つになり
おまけにニンテンドー3DSやDSまで遊べて、それが全部
手の中におさまったような、そんな感覚が楽しめる。

まさに、4つが一緒になったDSである。

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション

「スーパーマリオ3Dランド」など、
騙し絵のようなアイデアによる
裸眼立体視だからこそ楽しめるゲームの面白さ
を追求したタイトルもあるが
それ以上の追求は、非常に難しいものが感じられ、
結果、ニンテンドー3DSのゲームで、
裸眼立体視必須のゲームなどは作られていない。

しかし、ニンテンドー3DSの裸眼立体機能は、
ポケットに入るサイズで
気軽に3D体験できる
「スゴイおまけ機能」として捉えると
今でも結構、新鮮で楽しめる。

2019年では、携帯機としても遊べる最新のゲーム機
「ニンテンドースイッチ」の影にすっかり隠れてしまっているが
折りたためる二画面携帯ゲーム機として見ると
これ以上に作り込まれたゲーム機は他にはない。

Newニンテンドー3DS LL仕様


正式名:
Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション


3Dが楽しめるおすすめタイトル

タイトル名
スーパーストリートファイターⅣ 3D EDITION
スーパーマリオ3Dランド


3D用にリメイクされたタイトル

タイトル名
3Dクラシックス エキサイトバイク
3Dクラシックス ゼビウス
3Dクラシックス アーバンチャンピオン
3Dクラシックス ツインビー
3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡
3Dクラシックス 星のカービィ 夢の泉の物語


Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション

今日のいい言葉


ディズニーランドが完成することはない。
世の中に想像力がある限り
進化し続けるだろう。

ウォルト・ディズニー

ニンテンドー3DS関連リンク




ホームへ戻る

イラレブック