Adobe Firefly 構図集と意味や使い方

更新: メタ情報修正

Adobe Firefly 構図集 目次
構図集 4コマ漫画 はじめに 新機能「構成 使い方 Adobe Fireflyとは? まとめ 中心構図 三分割構図 対角線構図 放射状構図 三角形構図 螺旋構図 水平構図 垂直線構図 黄金比構図 上下非対称構図 混沌とした構図 正方形構図 左右非対称構図 遠近法構図 ↓ここをタップして見たい項目を選べる!
4コマ漫画

Adobe Firefly 4コマ漫画「画像生成AI」

Adobe Firefly 4コマ漫画「画像生成AI」
はじめに ファイアフラーイ登場
ファイアフラーイ
???

画像生成AIで上手く描けないのは

使う側の問題なんです。

マスクケース
マスクケース

ていうか‥え?誰?

マスク
マスク

どっから入ってきたんや?

ファイアフラーイの自己紹介

突如現れたファイアフラーイ。
文字を入力するだけで、簡単に絵を生成してくれる画像生成AI「Adobe Firefly」。
そんなFireflyも登場から1年を迎え2024年3月27日、革新的な新機能が追加された、どうやらその機能の説明と便利な使い方を教えるため「ファイアフラーイ」が Adobe Fireflyが上手く使えないマスクくんとマスクケースくん二人のために現れたようなのだが‥。

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

でも、もうご安心下さい。

そんな使い方の問題を解決する方法を教えます!

マスク
マスク

いや、その前にここ俺んちやぞ?

マスクケース
マスクケース

勝手に入ってきちゃダメだろ!?

マスク
マスク

いや、お前もな。

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

仕方ないなぁ‥

ファイアフラーイのおしりは光っている

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

Fireflyって「ホタル」って意味なんです。

マスク
マスク

あの発光する昆虫の「蛍(ほたる)」かいな

マスクケース
マスクケース

あ〜、それでかぁ‥

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

とにかく、ベータ時から使い倒している私に何でもご相談下さい。

マスク
マスク

使い倒している?

私はファイアフラーイです。

マスクケース
マスクケース

せっかくだから、上手く描けないことを相談してみたらどうだ?

マスク
マスク

まあ‥そうやな。

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

はい、どんなお悩みでしょうか?

Fireflyで思った通りの構図にならない!

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

あ〜なるほど!

今までのFireflyはそうでしたね。

マスクケース
マスクケース

今は違うの?

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

はい!Fireflyに新しい機能が搭載されたんです!

まさにその問題を簡単に解決する機能です。

マスク
マスク

ええ!?ほんまかいな!

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

「使い方」は、別項目で詳しく紹介するので

まずは機能だけの紹介です。

新機能「構成」
Adobe Fireflyに待望の新機能!正式名「構成参照」

Fireflyの構成

従来のFireflyは、せっかく生成しても、いや、こうじゃない!いや、そこじゃないんだよなぁ。もっとこっちなんだよなぁ〜みたいなことがあった。プロンプトを変えたりして工夫するものの、なかなか思った通りの構図にならない! そんな大問題が解決したのがこの機能!
マスク
マスク

で?どんな機能なんや?

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

構図の画像をアップロードできる機能です。

Fireflyの構成

マスク
マスク

構図を自由に指定できるんかいな、それは便利やな

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

実は、この問題を解決するために

Adobeでは3D機能の準備が進められていました。

マスクケース
マスクケース

3D機能?

Fireflyの3D機能

マスクケース
マスクケース

動かした3Dモデル通りに描いてくれるんか!

これはすごいやん!

マスク
マスクケース

でも、3D操作するの難しそうだなぁ‥

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

そうなんです!3Dだと操作が難しい。

で、生まれ変わったのが、この「構成参照」です。

マスク
マスクケース

絵の構図をアップするだけで、その構図に合わせてくれるもんな

マスク
マスク

なるほど、それの方が簡単やな。

マスク
マスクケース

でも、そんな簡単に構図の画像なんて用意できるか?

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

その点も考慮されていて‥

Fireflyの3D機能

さすがAdobe、構図もしっかりいくつかサンプルを用意してくれている。
どれも描き込まれた画像なので、どんな絵なのかはわかりやすいのだが、情報量が多いため構図以外の情報まで生成後に反映されてしまうことがあったり、そもそも欲しい構図がなかったりするのも事実。
そこで、今回はシンプルに構図だけ反映させたい人向けに便利なシンプル構図集を用意してみた。 これだと、構成参照では純粋に構図だけが反映されやすい。 自由にダウンロードして使ってみてほしい。 とてもシンプルなので、イメージしやすいし、なんだったら、これをベースに少し書き足せばいくらでも思い通りの構図ができるはずである。
中心構図
画像をダウンロードしてそのまま使えるスタンダードな構図シリーズVol.1

中心構図

今回の構図集の画像は、どれもシンプルな画像なので、無駄な要素を含まず構図がそのまま反映されやすい! どれもイラレブックが常用しているとても便利な構図だ。この構図をFireflyでセットしてからプロンプトを書けば10秒ぐらいで作ってくれる。 自分の作りたい作品にあった構図を選ぼう!

中心構図1「円」
上のサンプルのような地球などを中心に据えたいシンプルな絵作りに最適なAdobe Firefly用の構図画像。 (マウスでドラッグ&ドロップ、または右クリックでダウンロードなどしてご利用ください。)

中心構図1

中心構図2「バツ」
クロスした構図にマッチする。通路にも使える便利なAdobe Firefly用の構図画像。

中心構図1

中心構図3「四角」
額縁など四角いものを据えたい時に便利。

中心構図1



中心構図4「菱形」

中心構図1



中心構図5「長方形」

中心構図1



中心構図6「人」

中心構図1



中心構図7「人(アップ)」

中心構図1



中心構図8「卵」

中心構図1



中心構図9「立体キューブ」

中心構図1



中心構図10「円柱」

中心構図1



水平構図
画像をダウンロードしてそのまま使えるスタンダードな構図シリーズVol.5

水平構図

今回の構図画像は、平坦な背景を作るのにとても便利な構図だ。どれもシンプルな画像なので、無駄な要素を含まず構図がそのまま反映されやすい!

水平構図1「自然」
上のサンプルのような背景画を作りたい時に最適なAdobe Firefly用の構図画像。 (マウスでドラッグ&ドロップ、または右クリックでダウンロードなどしてご利用ください。)

水平構図1



水平構図2「平」
下の方に床を入れたい背景に最適。

水平構図1

水平構図3「机」
机のある背景に最適

水平構図1

水平構図4「水平線」
海などの水平線を入れたい時に最適

水平構図1

水平構図5「水平線と背景」
海だけでなく山などの自然背景も入れたい時に最適

水平構図1

水平構図6「道」
真っ直ぐ続く道などの背景に最適

水平構図1

水平構図7「都市」
現代都市を背景にしたい時に最適

水平構図1

水平構図8「舞台」
演劇や漫才などの舞台を背景にしたい時に最適

水平構図1

水平構図9「湾曲」
次世代の巨大スクリーンや未来的な背景に最適

水平構図1



遠近法構図
画像をダウンロードしてそのまま使えるスタンダードな構図シリーズVol.14

遠近法構図

遠近法構図集の画像は、今回もシンプルな画像なので、無駄な要素を含まず構図がそのまま反映されやすい!

遠近法構図1「机(アップ)」

遠近法構図1

上のサンプルのような卓上など机の上を大きくクローズアップしたい絵作りに最適なAdobe Firefly用の構図画像。 (マウスでドラッグ&ドロップ、または右クリックでダウンロードなどしてご利用ください。)

遠近法構図2「照明」
大型照明をクローズアップした絵作りに最適。

遠近法構図2

遠近法構図3「左画面」
大画面モニターを見ているような構図に最適

遠近法構図3

遠近法構図4「右画面」
今度は右側、ホワイトボードなどにも最適

遠近法構図4

遠近法構図5「広い通路」
広い通路に最適

遠近法構図4

遠近法構図6「狭い通路」
天井が低い狭い通路に最適

遠近法構図5

遠近法構図7「立体キューブ下」
不思議な世界を作る時に最適

遠近法構図6

遠近法構図8「立体キューブ横」
左側から並ぶ不思議な世界を作る時に最適

遠近法構図8

遠近法構図9「立体キューブ上」
上から迫るような不思議な世界を作る時に最適

遠近法構図9

遠近法構図10「円形」
丸い土俵などに最適

遠近法構図10

使い方
使い方は簡単!ダウンロードして使うだけ!

Adobeが作った画像生成AI

ブラウザから、好きな画像を選んでドラッグ&ドロップでもダウンロードできる。 望みの構図を選んでダウンロードして使おう!
ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

それでは早速、順番に使い方を紹介しますね。

Adobe Fireflyの構図集 まずは目次にある構図集から好きな構図シリーズを選んで、ダウンロードしておこう!

Adobe Fireflyへアクセスして生成ボタン 次にAdobe Fireflyへアクセスして、生成ボタンを押そう!

Adobe Fireflyの新機能「構成参照」の場所 画面左側にある上から3段目にあるのが新機能の「構成参照」の項目

Adobe Fireflyの「構成参照」のギャラリー選択 ちなみに、すでにあるものから選びたい場合は、あるものから好きなサンプルを1つ選ぼう。

Adobe Fireflyの「構成参照」のギャラリー参照 「ギャラリーを参照」を選ぶと、2024年3月31日時点で23種類のサンプルが用意されている。

Adobe Fireflyの「構成参照」のギャラリー参照 やっぱり、今回の醍醐味はここ!「画像をアップロード」を選択して、①でダウンロードした画像をアップロードしよう!
あとは生成したいイメージのプロンプトを入力しよう。

Adobe Fireflyとは? Fireflyとは?文字をいれるだけで4つのイメージを10秒程度で生成してくれる
Adobeが作った画像生成AIの名前。
Adobe PhotoshopやIllustrator、Aftereffectsなど、プロも使うグラフィックツールを作ることでも有名なAdobeが作った生成AI。 特徴は、著作権問題をクリアにしており、商用利用もできるところ。 さらに、Adobeグラフィックツール制作経験を活かした画像生成AIの使い勝手の良さも言うまでもない。
まとめ
時代は「ヘタウマ」から「ウマヘタ」の時代へ?

時代は「ヘタウマ」から「ウマヘタ」

今回のようにどんどん進化していく画像生成AI。
これまでは、一見下手そうな絵が実は上手い「ヘタウマ」と呼ばれる絵があったが、画像生成AIが誕生して、誰でも簡単にプロのような絵が作れる時代になることで、一見上手い絵だが、よく見るとあんまり上手くない魅力的ではない絵「ウマヘタ」が生まれてきそうだ。

画像生成AIは、今はまだ生成スピードの遅さや、パースや形などいわゆる間違いのある絵を生成してしまうが、将来的には3D技術なども搭載されることで立体感が完璧に確保されたり、圧倒的なスピードで生成される時代が10年以内には実現するのではないかと筆者は思っている。
そのため、画像生成AIを使う人はコンセプトが非常に重要になってくると思われる。
要するに誰でもプロみたいな絵をすぐ描けるようになるので外見ではなく、魅力ある中身こそが「ウマヘタ」にならずに差別化できる大事な要素になってくる時代が来そうである。

今回は、普段使いしている構図の一部を公開してみた。他のものも機会を見て順次公開していこうと思う。
おすすめ記事
マスク
マスク

次の記事はマスクケースくんと変な奴に出会った記事やな。

Pro Display XDR 気持ち悪い

【Pro Display XDR 気持ち悪い】高すぎる Studio Displayと比較 prodisplayxdr

ファイアフラーイ
ファイアフラーイ

他にも以下の内容を予定しております。

・思ったような絵にならない! 思った絵になる「魔法のプロンプトの作り方集」
・絵に間違いがある! 「間違いをとる神業集」
・具体的な使い方がわからない! 「具体的にわかる実践集」
・Adobeも知らないかも?「裏技集」など
Adobe Fireflyの使い方と商用利用 | Fireflyの良いところTOP5

Adobe Fireflyの使い方と商用利用について|Fireflyの良いところTOP5

ChatGPT4oとは?早速使ってみた

ChatGPT4oとは?早速使ってみた!読み方や価格、音声やdesktopまで良いところTOP5

Geminiの良いところTOP5

Gemini 1.5 Proとflash 使い方|Geminiの良いところTOP5

【Adobe Firefly】3Dから画像生成

【Adobe Firefly】3Dから画像生成

Adobe Fireflyジェネレーティブフィル編アニメーション

【Adobe Fireflyの使い方】画像生成AI★ジェネレーティブフィル編

Adobe Firefly スタイル見本

【Adobe Firefly スタイル徹底比較】全63の効果を同じ画像で違いを見れる★画像生成AIガイド!

★スタイル見本PDFを見る★
語るハリネズミ

【アドビの画像生成AI使いこなし】アドビ ファイアフライ(Adobe Firefly)をマスター!

おすすめ!アドビの画像生成AI

【おすすめ!アドビの画像生成AI】アドビ ファイアフライ(Adobe Firefly)はクリエイターにとっても最強のツール

Adobe Fireflyの使い方

【アドビの画像生成AI Adobe Firefly】何ができる?使い方とレビュー

著作者情報

イラレブックイメージ

イラレブック/1977年生まれ、大阪府出身。2019年8月から自作のAdobe Illustrator製の画像で野菜から最新ゲームまで様々な情報の発信を開始。 野菜や果物から映画やゲームまで、さまざまなトピックをカバーしています。
人気記事
ガラスの仮面ガラスの仮面50巻ネタバレ!単行本未収録の展開とは!?完結する?