イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

チョコレートアイコン

体と脳に効く甘味


チョコレート
Tweet #EikyuhozonbanN

チョコレートとは


連休(れんきゅう)明けの平日、
休み中の心地よさが抜けず
なかなか仕事に身が入らない。
そんな日もある。

そんな時、
心も脳も(いや)してくれるおやつは
とてもありがたいものだ。

チョコレート

それはチョコレート
甘くてほろ苦い、
気軽に食べられる素敵(すてき)なおやつだ。

チョコレートの栄養


美味しいチョコレートの見分け方1

カカオポリフェノール
血管を広げて血行を良くする
血圧を下げる
善玉コレステロールを増やす
活性酸素を抑制して肌を若く保つ
記憶力を高める
気持ちをリラックスさせる

他にもチョコレートには、
エンドルフィンという脳内物質を
分泌させる効果がある。

エンドルフィンは
幸福感(こうふくかん)を感じさせる物質で、
食べると幸せな気分になるのだ。

記憶力を高め、
リタックス効果もあり、
さらに幸せ気分になるなんて、
オフィスで食べる間食(かんしょく)としては
うってつけではないだろうか。

カロリーを気にする場合は
カカオ70%以上や、
砂糖不使用のチョコレートが良いし、

とにかく疲れを取りたい場合や、
気持ちを落ち着けたい場合は、
甘いミルクチョコレートがぴったりだ。

気分や状況で使い分けるといい。

板チョコは引き出しに入れておきやすいし、
アーモンドチョコレートなら
ビタミンB2やビタミンEも同時に摂れる。

ここぞという時のご褒美(ほうび)として
高級チョコレートを用意しておくのも、
気持ちが高まる方法だ。

自分のための甘いご褒美
用意してみてはいかがだろうか。

今日のイラレッスン Vol.31


今回描いたチョコレート
イラストを描く時に使っている
テクニックを紹介!

今回は、文字のアウトラインの簡単な描き方 後編!

次回もお楽しみに!

文字のアウトラインの簡単な描き方 後編


チョコレート

チョコレート 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック