ホームへイラレブック> 野菜野菜 >明日葉の絵文字明日葉 ライン

明日葉の絵文字明日葉の3つの栄養は野菜一!江戸野菜一覧も 始皇帝が求めた不老長寿の薬草

明日葉とは,どんな人におすすめ追記
2021年1月31日(日) 12:0 明日葉伝説やあしたば音頭など追記
初版:2020年3月22日(日) 16:30

明日葉のトップイメージ

目次

明日葉とは

ライン

概要

明日葉は不老長寿の薬の候補に上がるほどの栄養。江戸野菜 東京都の離島で盛んに栽培されている葉物野菜で、八丈島の特産品
東京生まれ東京育ちの生粋の江戸野菜である。

旬は春~初夏で、暖かな陽気の季節に収穫される。
俳句でも春の季語になるほど、とにかく春が大好きなギザギザ葉っぱの野菜だ。

そして溶岩の中からでも芽を出す、始皇帝に不老長寿の薬草として献上されたなど、数々の伝説を持つ野菜でもあり、実際に非常に強い生命力と、高い栄養価を誇る。

そんなに頻繁に全国のお店に並ぶ野菜ではないが、健康に気を使いたい人ならば要チェックの明日葉を、歴史、栄養、逸話など、様々な角度から紐解いていきたい。

↑目次へ戻る

江戸野菜

ライン

江戸野菜

江戸野菜 江戸東京野菜ともいう
江戸と呼ばれる地域内、またはその周辺でのみ盛んに作られていた、特徴ある野菜の品種のことを指す。

これらの品種が絶滅しないよう守り育てていくために、「江戸東京野菜」というブランド名を付け、それを旗印に生産者を増やしていくことにしたのだ。

名付けたのはJA東京中央会という東京都の農業組織で、制定は2011年(平成23年)のことだ。意外と最近である。

生まれた経緯

「江戸東京野菜」が生まれた経緯も説明しておきたい。

現在の東京都周辺は、徳川家康が江戸幕府をつくった頃からどんどん人口が増え始め、居住区を増やすために田んぼや畑が減ってしまった。

それに、今の東京都の大きさを見ても分かると思うが、元々江戸と言われた区域もとても狭い土地のため、そもそもそれほど多くの食物を生産できている訳ではなかった。

これではせっかく良い品種であっても、多くの人に安定した供給をすることができないので、次第に誰にも求められなくなって忘れ去られてしまうだろう…。

明日葉などの優秀な在来種の野菜たちも、放っておいたらどんどん生産者も生産する土地も減る一方になってしまう…。

それらの品種を絶やさぬために「ブランド名を付けて、価値あるものだというイメージを 全国に知らしめよう!」…と、そう考えたのである。

江戸野菜一覧

大蔵大根
大蔵大根
亀戸大根
亀戸大根
汐入大根
汐入大根
志村みの早生大根
志村みの早生大根
高倉大根
高倉大根
東光寺大根
東光寺大根
練馬大根
練馬大根
砂村三寸人参
砂村三寸人参
滝野川大長人参
滝野川大長人参
馬込三寸人参
馬込三寸人参
金町小かぶ
金町小かぶ
品川かぶ
品川かぶ
雑司ヶ谷ナス
雑司ヶ谷ナス
寺島ナス
寺島ナス
高井戸半白胡瓜
高井戸半白胡瓜
馬込半白胡瓜
馬込半白胡瓜
小金井マクワ
小金井マクワ
白岩瓜
白岩瓜
東京大越瓜
東京大越瓜
鳴子瓜
鳴子瓜
本田瓜
本田瓜
雑司ヶ谷かぼちゃ
雑司ヶ谷かぼちゃ
内藤かぼちゃ
内藤かぼちゃ
アメリカ芋
アメリカ芋
おいねのつる芋
おいねのつる芋
治助芋
治助芋
滝野川ごぼう
滝野川ごぼう
渡辺早生ごぼう(
渡辺早生ごぼう
砂村一本ねぎ
砂村一本ねぎ
千住一本ねぎ
千住一本ねぎ
拝島ねぎ
拝島ねぎ
後関晩生小松菜
後関晩生小松菜
城南小松菜
城南小松菜
八王子生姜
八王子生姜
谷中生姜
谷中生姜
早稲田茗荷
早稲田茗荷
明日葉
明日葉
足立のつまもの
足立のつまもの
奥多摩ワサビ
奥多摩ワサビ
川口えんどう
川口えんどう
下山千歳白菜
下山千歳白菜
しんとり菜
しんとり菜
東京うど
東京うど
内藤唐辛子
内藤唐辛子
のらぼう菜
のらぼう菜
八丈オクラ
八丈オクラ
三河島えだまめ
三河島えだまめ
三河島菜
三河島菜
三つ葉
三つ葉
孟宗竹
孟宗竹
大蔵大根(おおくらだいこん)
亀戸大根(かめいどだいこん)
汐入大根(しおいりだいこん)
志村みの早生大根(しむらみのそうせいだいこん)
高倉大根(たかくらだいこん)
東光寺大根(とうこうじだいこん)
練馬大根(ねりまだいこん)

砂村三寸人参(すなむらさんずんにんじん)
滝野川大長人参(たきのがわおおながにんじん)
馬込三寸人参(まごめさんずんにんじん)

金町小かぶ(かなまちこかぶ)
品川かぶ(しながわかぶ)

雑司ヶ谷ナス(ぞうしがやなす)
寺島ナス(てらしまなす)

高井戸半白胡瓜(たかいどはんじろきゅうり)
馬込半白胡瓜(まごめはんじろきゅうり)

小金井マクワ(こがねいまくわ)
白岩瓜(しらやうり)
東京大越瓜(とうきょうおおしろうり)
鳴子瓜(なるこうり)
本田瓜(ほんだうり)

雑司ヶ谷かぼちゃ(ぞうしがやかぼちゃ)
内藤かぼちゃ(ないとうかぼちゃ)

アメリカ芋(あめりかいも)
おいねのつる芋(おいねのつるいも)
治助芋(じすけいも)

滝野川ごぼう(たきのがわごぼう)
渡辺早生ごぼう(わたなべわせごぼう)

砂村一本ねぎ(すなむらいっぽんねぎ)
千住一本ねぎ(せんじゅいっぽんねぎ)
拝島ねぎ(はいじまねぎ)

後関晩生小松菜(ごせきばんせいこまつな)
城南小松菜(じょうなんこまつな)

八王子生姜(はちおうじしょうが)
谷中生姜(やなかしょうが)

早稲田茗荷(わせだみょうが)
明日葉(あしたば)
足立のつまもの(あだちのつまもの)
奥多摩ワサビ(おくたまわさび)
川口えんどう(かわぐちえんどう)
下山千歳白菜(しもやまちとせはくさい)
しんとり菜(しんとりな)

東京うど(とうきょううど)
内藤唐辛子(ないとうとうがらし)
のらぼう菜(のらぼうな)
八丈オクラ(はちじょうおくら)
三河島えだまめ(みかわしまえだまめ)
三河島菜(みかわしまな)
三つ葉(みつば)
孟宗竹(もうそうちく)

↑目次へ戻る

詳細

ライン

分類

セリ科の植物と明日葉の花言葉 セリ科シシウド属の植物だ。

同じセリ科にはパセリセロリ、 そして野菜の代表格にんじんがいる。

詳しく見る↓
ライン

明日葉の花と花言葉 これらセリ科は小さな白い花がドーム状に集まった、 フワフワの雪玉のような印象の花を咲かせる。 ややはかなげな印象を持つ花なのだが、 明日葉の花言葉は「旺盛な活動力」! そしてもう1つは「未来への希望」だ。

由来は明日葉の脅威の生命力からきている。 詳しくは別項目「伝説」にも記載するが、 明日葉は溶岩の中からでも芽を出すし、 死者をも生き返らせると言われるほどの栄養がある。

どんな状況も克服し、未来へ向かって 育つパワーがあるのだ。

生産地

明日葉の生産地は伊豆諸島。明日葉の天ぷら、明日葉のおひたし、明日葉ピザ、明日葉ビール

生産地は八丈島や大島、三宅島など、 伊豆諸島と言われる東京都の島々に集中している。 そのため、明日葉は江戸野菜と言われており、 古の時代より関東周辺で薬草として重宝されてきた。

八丈島料理を出すお店では、 明日葉の天ぷら、明日葉のおひたし、明日葉ピザ、 それに明日葉ビールという緑色のビールまで、 明日葉づくしの栄養満点メニューが楽しめる。

葉っぱはやわらかく、茎も細めで火が通りやすい。 炒めても茹でても揚げても良く、調理しやすいし、 ミキサーで野菜ジュースにするのも良しだ。

そしてとにかく栄養価が高い。 全野菜中トップの含有量を誇る栄養が3つもあり、 さらに2位の成分も2つあるなど驚異的な実力を持つ。

詳しくは「栄養」の項目を参照してほしいが、 とにかくビタミン群と食物繊維の量がすごい。 旬は春の初めから初夏にかけて。 2月終わりから6月初めくらいに出回ってくる。

↑目次へ戻る

歴史

ライン

日本

明日葉の原産地は日本。今日摘んでも明日また生えている明日葉 日本が原産で、平安時代には既に、 栄養豊富な野菜として知られていた。

その頃から関東近辺の島や半島など、 日本の真ん中辺りの太平洋側… その海沿いの土地でよく育っていて、 今でも八丈島の名産品だ。

いつ生まれていたかは分からないが、 人間に見つけられ、食べられたその日から、 薬草としても日々の主菜としても 親しまれてきたのだろう。

なおなみの成長速度を誇り、 今日摘んでも明日また生えている。 ということで明日葉と名付けられたという。

その生命力に比例するように栄養も抜群で、 なんと秦の始皇帝にも目を付けられ、 不老長寿の薬草として献上されていたそうだ。

また現代においても、ニンテンドースイッチの大人気 筋トレゲームリングフィットアドベンチャーの 役立つアイテム素材として明日葉は登場している。

詳しく見る↓
ライン
↑目次へ戻る

伝説

ライン

逸話

始皇帝から不老長寿の薬草として求められていた 始皇帝から不老長寿の薬草として求められていた他、 明日葉には様々な逸話が残っている。

その内の4つを紹介
しよう。

ライン

蘇生

明日葉の学名は、Angelica keiskei 「天使の名も持つ」
明日葉の学名は 「Angelica keiskei」という。 Angelicaはアンジェリカは天使の名前だ。

死者を蘇らせるほどの強壮作用がある! ということから名づけられたそうだ。

ライン

源為朝

源為朝が明日葉を食べる事を伝えて平安時代の飢饉を救った 「平安時代に飢饉を救った」
平安時代に伊豆大島で起こった飢饉(ききん)の時、 源為朝(みなもとのためとも)という人が、 村人に明日葉を食べる事を教えて、 飢え死にから人々を救ったという。

ライン

溶岩

溶岩の中から明日葉 「溶岩からでも生える」
1986年に伊豆大島の三原山が大噴火したが、 噴火の数ヶ月後には、 溶岩の中から明日葉が芽を出していた。

ライン

明日葉をエサにした牛の1日の搾乳量が世界一を記録 「世界一牛乳を出す牛を育てた」
大島に住んでいた牛が、 1日の搾乳量で世界一を記録している。 この牛はエサとして明日葉をよく食べていたそうだ。

なお、平成28年には 江戸東京野菜推進委員会に認められ、 江戸野菜の仲間入りを果たした。

明日葉は現在進行形で活躍し、 エピソードを増やし続けているのだ。

詳しく見る↓
ライン
↑目次へ戻る

栄養

ライン

カロリー

明日葉、人参、セロリのカロリー カロリーは100gで33kcal
重さは1本15g~20gくらいなので1本で6kcalくらいだ。

特徴

明日葉の栄養はβカロテン、ビタミンB2、ビタミンC、リン、それに食物繊維が野菜の中でトップクラス 低カロリーながらも数々の伝説を持つ明日葉は栄養がすごい。

βカロテン、ビタミンB2、ビタミンC、リン、それに食物繊維が野菜の中でトップクラス。 さらに、ごく少量ではあるが、野菜の中で唯一ビタミンB12を含んでいる

パーフェクトにビタミン群を含み、さらにミネラルも食物繊維も豊富という隙のない優秀さなのだ。

「野菜の王様」という名を持つのは、昆虫から大型哺乳類にまで愛されるアルファルファだが、明日葉もアルファルファに並ぶほどすさまじい実力を持つ野菜である。

詳しく見る↓
ライン

一覧

明日葉の栄養一覧
名前 イメージ 効果
βカロテン βカロテン 体内でビタミンAに変換される。 髪や肌、粘膜を丈夫にする。 体の免疫力を高める。
ビタミンB1 糖分をエネルギーに変える 肌、粘膜を丈夫にする。 糖分をエネルギーに変える。
ビタミンB2 肌、粘膜を丈夫にする 肌、粘膜を丈夫にする。
ビタミンB6 ビタミンB6 筋肉や血液の材料になる。 皮膚や粘膜を健康に保つ。
ビタミンB12 ビタミンB6 血液の材料になる。
ビタミンC ビタミンC 疲れをとってくれたり、風邪の予防になる。肌を綺麗にする。
ビタミンE ビタミンE 抗酸化作用で体を若く保つ。
ビタミンK ビタミンK 骨や血管の材料になる。
カルシウム カルシウム 骨や歯の材料になる。
マグネシウム マグネシウム 血圧を調整する。 気持ちを落ち着ける。
カリウム 余計な塩分を出す 余分な塩分を体外に出す。
リン リン 骨や歯の材料になる。 筋肉や脳の栄養になる。
鉄分 鉄分 血の材料になり、 酸素を体中に運ぶ。
パントテン酸 肌や粘膜を健康に保つ 肌や粘膜を健康に保つ。
食物繊維 食物繊維 便秘の改善に役立つ。
野菜売り場で明日葉を見つけたら、 積極的にゲットしよう。

◆どんな人にもおすすめ

明日葉のパーフェクトな栄養は、健康でいたい全ての人に役に立つ。
他の青菜よりも苦みが強めなオトナの味だが、胡麻和えにしたりピザに乗せれば子供でも美味しく食べられるだろう。

↑目次へ戻る

食べ方

ライン

見分け方

葉っぱが濃い緑色のものを選ぶ

・葉っぱが濃い緑色のものを選ぶ。
・茎が細いものを選ぶ。
・葉っぱが乾燥していないものを選ぶ。

よほどしなびていなければ、 大体美味しい明日葉だ。

茎が太い方が苦みが強い。 もし苦い方がいい!という場合は、 あえて太い方を選ぶのも良さそうだ。

食べ方

明日葉の食べ方

ちょっと苦いのが特徴なので 茹でたらマヨネーズを付けて食べよう。 モリモリ食べるのもおすすめだ。 八丈島料理を出す居酒屋などでは、 明日葉の天ぷら、明日葉の胡麻和え 明日葉マヨネーズ和えに明日葉ピザ、 明日葉ビールなんていうのもある。

どれも美味しいので ぜひ食べてみてほしい。

↑目次へ戻る

あしたば音頭

ライン

CD

伊豆諸島で親しまれている歌と踊りで、 作詞・作曲・うた『みたに あきら』とされている。

2015年1月1日に発行された三宅島新報にて、 神着老人クラブの佐藤就之さんがCD化し、 希望者に無料配布したのが初のCD化。

その後2018年11月28日に、 「伊豆大島 あしたば音頭」として 今井三枝子さんがCDを発売している。

このときの作詞は芳川利一さん、 作曲は斎藤覚さんが担当している。

三宅島新報では「みたに あきら」は 「三谷さん」とだけ記されているが、 恐らくは三宅島社協職員の三谷彰さんだろう。

2000年6月から発生した三宅島大噴火について綴った 「三宅島島民たちの一年」という著書で有名で、 音楽が大好きで中学時代からバンド活動もしていたという。

伊豆ぅの~大島明日葉は~♪ 明日を~夢見て生きていく~♪

今日も踏まれて摘まれても~♪ 青い芽を吹く心意気~♪

とても前向きな歌詞だ。

あしたば音頭は伊豆諸島での夏祭りはもちろん、 学校行事や国際交流の場でも踊られ、 島の伝統芸能として人々に親しまれ続けている。

なお2015年に無料配布された初代CDは、 数量限定の電話による申し込み配布で、 その年の3月には既に受付を終了している。

何枚作られたのかは定かではないが、 今では幻のCDとなっているのは間違いない。

今でも何枚かは当時の三宅島の住民の方が、 きっと大事に持っている事だろう。

↑目次へ戻る

名言



一日数分間の努力の差が勝利をもたらす。



ジェームズ・ガーフィールドの名言ジェームズ・ガーフィールド

↑目次へ戻る

4コマ漫画

イラストレーターで描いた 「明日葉」の4コマ漫画。

4コマ漫画「少年たちのヒーロー」

※このページの記事を読むとマンガはより楽しめます。

つづく

登場キャラクター紹介

イメージ名前紹介
チンゲン菜チンゲン菜小松菜の弟分なチンゲン菜。 小松菜を慕って、よく後を追いかけている。 いつかは自分も強くなりたいと思いつつ、熱心に勝負の種目を探している。
小松菜小松菜強さを求める青年小松菜。 ほうれん草とは種の頃からライバルで、毎日バトルを繰り広げている。 後をついてくるチンゲン菜が転ばないよう、常に気にかけている。
ほうれん草ほうれん草強さを求める青年ほうれん草。 小松菜とは種の頃からライバルで、毎日バトルを繰り広げている。 孤高のファイターを自称しているが、友情を大事にするタイプ。
明日葉明日葉最強青菜の一員として名を連ねる明日葉。 クッキング教室の講師を務めており、栄養価の高いメニューが大人気。 島国出身で体1つでのし上がってきた生き様は、少年たちの憧れの的。


マンガ関連リンク

間違い探しクイズ

きのうのマンガの間違い探しクイズ 4コマ漫画「tof」より 2つのイラストには、ちがうところが7つある!

毎日やれば、集中力と記憶力の向上が期待できる! 昨日の4コマ漫画のイラストの間違いを探そう! 7つ全部みつけられるかな?

きのうのマンガの間違い探しクイズの答え 4コマ漫画「tof」より 問題にもどる
明日葉