イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

梅干しアイコン

塩漬けか調味料


梅干し
Tweet #EikyuhozonbanN

梅干しとは


遠足(えんそく)のおにぎり
旅館(りょかん)朝食(ちょうしょく)
日の丸弁当

梅干し

実生活(じっせいかつ)でもフィクションでも、
梅干しを知らずに生きてきた
という人は少ないのではないだろうか

そして同時に聞いている(はず)だ。
梅干し健康(けんこう)に良い!と。

梅干し

筆者もおぼろげに聞いてきた。

クエン(さん)で疲れがとれる。
お弁当がくさらない。
風邪菌(かぜきん)を殺してくれる。

そんな感じの内容だ。

何がそんなに()くのだろうか。


梅干しの栄養


(梅干しに含まれている主な栄養素)

クエン酸微生物(びせいぶつ)繁殖(はんしょく)(おさ)える
     食中毒(しょくちゅうどく)の原因になる(きん)を殺す
     疲労の原因となる乳酸(にゅうさん)分解(ぶんかい)する

カルシウム:骨や歯をつくる材料になる
      神経(しんけい)興奮(こうふん)を抑える

カリウム血圧(けつあつ)を下げる

ナトリウム:体内の水分バランスを調整(ちょうせい)する

マグネシウム小腸(しょうちょう)で吸収され、骨や筋肉を維持(いじ)する

どうやら聞いてきたことは本当のようだ。

梅干し

ちなみにだが梅干しには、
梅干し」と
調味梅干し」の2種類がある。

梅干し漬けした梅を干しただけのもの
調味梅干し以外の調味料を使って味付けしたもの
      (中には干していないものもある)

なおしっかり(しおづ)けされた梅干しは、
100年以上も持つそうだ。
さすが天然の殺菌効果である。

しかし調味梅干しや減梅干しは、
が足りなかったり、他の調味料の影響(えいきょう)
そこまで長くは持たないそうなので、
賞味期限をチェックして食べよう。

そしてナトリウム=分なので、
食べ過ぎると血圧があがる恐れがある。

健康に最適(さいてき)な食べ方としては、
気に入った梅干しを1日1個。
というのが良さそうだ。

さらについでに言うと、
梅干しは思い出すだけでも
自然と唾液が分泌されるため、

口臭の原因となる口内の乾燥(かんそう)を、
ナチュラルに防ぐことができる。

口内が渇いてきたな。と感じたら
すっぱい梅干しを思い浮かべよう。

梅干し

梅干し 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック