大根

消化酵素がすごい!
子供にも人気な簡単レシピ!
栄養やカロリーも

更新: 大根の消化酵素など追記
2020年7月12日(日)7:00 アップデート
フリーアイコンダウンロード4コマ漫画まちがいさがしクイズなど追加
初版:2019.12.10 20:15


目次へ

大根の4コマ漫画の1コマ目
大根イラスト
前のページへホームへ次のページへ
セロリ ◀︎ 大根 ▶︎ たけのこ
大根目次2

①大根

まずは大根を知ろう
大根の詳細

②栄養・効果ゾーン

大根の栄養
大根の消化酵素

③歴史ゾーン

大根の歴史

④グルメゾーン

大根の味
美味しい大根の見分け方

⑤おたのしみゾーン

今日のいい言葉
イラレッスン
フリーアイコンダウンロード
4コマ漫画
まちがいさがし

まずは大根を知ろう!


大根の旬
栽培技術(さいばいぎじゅつ)が発達して、
1年中()れるイメージがある野菜も、
やはり(しゅん)のものは美味しい。

大根イラスト

冬の大根は甘いのだ。

おでんに入れてよし
おろして魚や天ぷらに添えてもよし。

そんな大根の美味しい見分け方。
それに栄養や消化酵素についてもまとめてみた。

目次へ戻る

大根の詳細


大根の詳細

アブラナ科ダイコン属の植物だ。

アブラナ科といえば所属野菜の多さで有名だ。

小松菜白菜チンゲン菜、水菜、
野沢菜や京菜、そしてケールなど、
葉物野菜はほとんどがアブラナ科。

そしてブロッコリーカリフラワーもアブラナ科。

おなじダイコン属だと、二十日大根がそうだ。
赤カブ、ラディッシュなどと呼ばれることが多いが、
あれはダイコン属なのだ。

ちなみにラディッシュよりも大根によく似た白いカブは、
ダイコン属ではなくアブラナ属で、

砂糖大根と言われるテンサイは、
同じ「大根」という名にも関わらず、
ヒユ科フダンソウ属という、別の種類の野菜なのだ。

表面上の名前だけでは判断できない関係が、
大根の周りを取り巻いているのである。

なお大根の花は、アブラナ…つまり菜の花の形によく似て、
かつ色は大根と同じく純白をした小さな花だ。

花言葉は潔白。そして適応力だ。

潔白の由来はもちろん、白い色に関係している。
花も実も白い。大根は白さが自慢だ。

そして適応力というのは、アブラナ科であることが関係している。
仲間同士の野菜は、自然の中で交配しやすく、
色々な土地で、たくさんの品種を生み、生き残りやすいのだ。

大根の仲間たち

日本にも、ものすごく太い桜島大根とか、
とっても辛い、からみ大根とか、
しもぶくれな形のだるま大根とか、たくさんの大根が存在する。

その適応力の高さから、大根はどこかに産地がかたよることなく、
日本全国でまんべんなく栽培されている。

大根の生産日本TOP2

とはいえトップは北海道、そして第2位は千葉県だ。
この2つの地域でそれぞれ10%前後の大根がつくられ、
そして続く他都道府県がゆるやかな差で続いている。

旬は秋の終わり~冬の間で、大根は焼き魚やお鍋、
なによりおでんの具のトップスター的存在なので、
寒くなると食べたくなるイメージが強い。

だが、育てやすい春採れの品種も存在していたり、
ハウス栽培も可能なので、一年中いつでも安定供給されている。

大根の適応力が、ここにも生きているのである。

目次へ戻る

大根の栄養


大根1本の重さは1000~1500gくらい。
そして1000g(1kg)で180キロカロリーだ。

大根の栄養を図解

名前 イメージ 効果
カリウム 余計な塩分を出す 血圧を下げる、摂りすぎた塩分を出す
カルシウム カルシウム 骨や歯の材料になる。
ビタミンB6 ビタミンB6 筋肉や血をつくるのを助ける。
ビタミンC ビタミンC 疲れをとってくれたり、風邪の予防になる。
肌を綺麗にする。
食物繊維 食物繊維 お通じの量をふやす。


さらに大根には
消化を助ける酵素(こうそ)がたくさん含まれている

アミラーゼ:デンプン(糖質)を分解する
プロテアーゼ:たんぱく質を分解する
リパーゼ:脂肪を分解する

食べすぎた時に大根を食べれば、
消化を助けて早く楽にしてくれるので、
お腹が重くて苦しいときは
大根おろしを食べると良いだろう。

たっぷりめにつけるようにすれば、
食べすぎも防げて一石二鳥(いっせきにちょう)だ。


目次へ戻る

大根の消化酵素


お正月太りにも胃もたれにも、
大根の消化酵素たちは非常に役に立つ。

大根の酵素


なにせデンプン(糖質)、タンパク質、
そして脂質を分解する酵素が3つとも豊富なのだ。

この3つの酵素は、それぞれの頭の文字をとって、
大根のア・プ・リと覚えると、思い出しやすい。

それぞれの役割を詳しく解説していきたい。

アミラーゼ(Amylase)

アミラーゼ

別名ジアスターゼ(Diastase)。
デンプンを分解する酵素だ。

(「大根アプリ」のアで覚えよう。)

人間の体内でも作られていて、
唾液や膵液(膵臓の中の液体)として分泌され、
血液の中に入って体中を巡っている。

そして大根…というか植物たちは
種から芽を出すときにアミラーゼを作り出し、
種に含まれているデンプンを分解して、
芽の成長のために使っている。

デンプンは色々な糖がたくさん集まって、
複雑につながり合ったカタマリだ。

アミラーゼはこのカタマリをバラバラにほぐすのだ。

ほぐして小さな物質にしてしまえば、
胃や腸を通過するとき、負担が少なくて済む。

アミラーゼは食べ物が胃に届くより早く、
胃と腸のためにデンプンを分解する解体屋なのである。

小さい頃に「食べ物はよくかんで食べよう」と
教えられたことはないだろうか。

あれは、かむと唾液の中のアミラーゼが、
食べ物のデンプンを分解してくれるので、
消化を助けてくれるのが理由だったのだ。

なお、すっぱいものを食べたときにも
唾がたくさん出るので、かむのと同じ効果がある。

つまり大根おろしに梅干しを乗せれば、
唾液と大根でダブルにアミラーゼ効果が期待できる。

プロテアーゼ(Protease)

プロテアーゼ

タンパク質を分解する酵素だ。
日本語でそのまま「蛋白質分解酵素」と呼ばれる。

(「大根アプリ」のプは、プロテインのプで覚えよう。)

タンパク質は色々な種類のアミノ酸が、
複雑につながり合ったカタマリだ。

プロテアーゼはこのカタマリをバラバラにして、
1つ1つ色々なアミノ酸に分解していく。

パイナップルと肉を一緒に漬けておくと、
肉が柔らかくなると聞いた事はないだろうか。

パイナップルには大根よりも多く
プロテアーゼが含まれていて、
肉のタンパク質を分解して柔らかくしているのだ。

そしてハンバーグやステーキに大根おろしを乗せる、
いわゆる和風おろしメニューも、
消化を良くするために理にかなった料理である。

なお人間の胃液の中にも含まれていて、
日々食べ物の消化を助ける役割を果たしているのだが、
植物の場合はちょっと違う役目を担っている。
なんと害虫を寄せ付けないための成分なのだ。

小さな体にタンパク質分解酵素は毒なのだろう。

リパーゼ(lipase)

リパーゼ

脂質を分解する酵素だ。

(「大根アプリ」のリで覚えよう。)

人体では膵臓でつくられていて、
脂肪を脂肪酸とグリセロールという
2つの物質に分解するはたらきを担っている。

植物の中でも同じようなはたらきをしていて、
種に含まれる脂肪分を分解して、
発芽するための栄養を作っているのだ。

ついでに成長する過程で増えすぎた脂肪も、
うまく分解して茎や葉を健康に保っているらしい。

植物から色々な脂が採れることからわかる通り、
植物だって動物と同じく脂質を含んでいる故に、
こっそりダイエットしている場合もあるという事だろうか。

ちなみにアボカドにんじんにも
リパーゼは多く含まれている。

目次へ戻る

大根の歴史


大根の歴史

大根は歴史も古く、そして古くから各地に存在していた。

紀元前3000年以上前からエジプトやギリシャで食べられていて、
中国でも紀元前500年前には栽培が始まっていたそうだ。

そしてピラミッドの壁画には、大根が描かれていて、
ギリシャのアポロ神殿にも奉納されていた記録があるという。

日本でも西暦400年台、つまり古墳時代の頃に、
ユーラシア大陸から色々なルートで各地に運ばれてきた。

712年に出た、日本最古の書物である古事記でも、
大根王(オオネノキミ)という死者の世界の王が登場する。

当時は大根のことを於朋泥(おほね)と呼んだりしたので、
おほね…骨。そして大根…根(地底に伸びるもの)ということで、
大根はちょっぴり不吉なモチーフだったようだ。

枕草子の中で清少納言も、以下のように書いている。

えせものの所得るをり。正月の大根。

これは、大した事ないのに幅を利かせているヤツ!正月の大根!
…と、大根の悪口を言っている。

正確にはそこから「その大根みたいな男がいる。ヤなヤツ!」
という感じで特定の男性への批判になっていくのだが、
大根みたいなヤツ!ウザイ!という、
大根へのネガティブイメージが伺える。

なお大根には大根役者とか大根脚とか、
ちょっぴり悲しいイメージの言葉もある。

だが白く輝く潔白な大根は、
いつでも食卓のお供として、多くの人に愛されている。

天ぷら、ざるそば、焼きさんまにお刺身。
和食の付け合わせに大根おろしや千切り大根は欠かせない。

それにおでんはもちろん、ブリ大根に味噌田楽…。

大根はいつだって、老若男女を魅了するのだ。

目次へ戻る

大根の味


大根おろしは、
おろす場所や角度で味がかわる。

大根の部位

葉の根本近く:甘くて水分が多い
真ん中:甘い
先端:辛い

縦にまっすぐおろす:繊維(せんい)が分断されてふわふわになる
斜め~横におろす:繊維がのこってザクザク感がでる

好みのおろし方でいただこう。

葉っぱは炒めたり、
煮物にすると美味しい。

目次へ戻る

美味しい大根の見分け方


美味しい大根の見分け方

・太いものを選ぶ(先まで太い方が良い)
・まっすぐなものを選ぶ
・重たい方を選ぶ
・固い方を選ぶ
・ヒゲが少ない方を選ぶ
 └うまく成長できないとヒゲがふえる
・表面にでこぼこが少ないものを選ぶ
・上の方が黒くなっていないのを選ぶ
・葉っぱ付きは、葉が緑のものを選ぶ

保存するときは寝かせず
縦にしまっておくと長持ちする。

乾燥をふせぐのにラップやジップロックで
包んでおくと良い。

目次へ戻る

今日のいい言葉


大根の過去

人を憎んでる暇なんてない。
わしには、そんな暇はない。

黒澤明

目次へ戻る

イラレッスン


今日のイラレッスン Vol.2

今回描いた大根の
イラストを描く時に使っている
テクニックを紹介!

今回は、グラデーションの作り方
キレイな円の描き方は、
前回の「折り畳み定規」の回にあるイラレッスンを見てね。

大根の描き方


目次へ戻る


フリーアイコンダウンロード


Windowsアイコンの変え方

イラストレーターで描いた
大根のイラストを
PC用デスクトップアイコンとして使えるようにしました。
5つのカラーも用意してMacOSとWindows用に対応!
(無断で複製・転載・加工等はご遠慮下さい。)

ライン
大根アイコン ダウンロード

ダウンロードできます

ライン

フォルダをこの大根のアイコンに変えると
大根関連のファイルなどを
整理したりするのにとても便利。

上のダウンロードリンクからダウンロードができるので、
ダウンロードして使ってみてほしい。

新しいイラストはもちろん、これまでのイラストなども
どんどんアイコン化していくのでお楽しみに!

MacOSアイコンの変え方

4コマ漫画


イラストレーターで描いた
「大根」の4コマ漫画。

4コマ漫画「大根の過去」

目次へ戻る

※このページの記事を読むとマンガはより楽しめます。

つづく

登場キャラクター紹介

イメージ名前紹介
こんにゃくこんにゃくある日突然、人間からこんにゃくへと転身してしまった女性。
はじめは混乱していたが、よき仲間に恵まれてこんにゃくライフを満喫中。
内気でひかえめな性格だが、根はポジティブ。
おでん大根さんおでん大根さんお風呂が大好きなおでん用大根。
無人直売所で売れ残った結果、おでんの具として5分割された。
他の4切れとは姉妹同士で、別々に暮らしている。面倒見の良い性格。

目次へ戻る

間違い探しクイズ


きのうのマンガの間違い探しクイズ 4コマ漫画「なっとうへの道」より

2つのイラストには、ちがうところが7つある!

毎日やれば、集中力と記憶力の向上が期待できる!
昨日の4コマ漫画のイラストの間違いを探そう!
7つ全部みつけられるかな?

こたえ

前回のテーマ

もやし

おすすめ人気レシピ!
栄養やもやしの歴史まで卵や豚肉にあう

もやし

ライン

関連リンク

前のページへホームへ次のページへ
セロリ ◀︎ 大根 ▶︎ たけのこ
きのうのマンガの間違い探しクイズの答え 4コマ漫画「なっとうへの道」より

問題にもどる

大根イラスト radish