ホームへイラレブック> 野菜野菜 >大根の絵文字大根 ライン
 消化酵素がすごい! 
 

塩風呂の絵文字大根

大根の子供にも人気な簡単レシピ!栄養やカロリー
大根イラスト

更新: キャラクター補足追記
更新:2021年7月12日(月) 大根とは、地方大根追記
更新:2021年1月5日(火)7:15 大根の消化酵素など追記
更新:2020年7月12日(日)7:00 アップデートフリーアイコンダウンロードや4コマ漫画、まちがいさがしクイズなど追加
初版:2019.12.10 20:15

目次

大根とは

ライン

特徴

大根の旬
白くて太い根菜で、少しの辛味とさっぱりした味の淡色野菜
しかし実は葉っぱの部分は緑黄色野菜で、葉っぱもおひたしや煮物にすると美味しい。

栽培技術と品種改良技術が発達したことで、1年中安定して収穫できるようになった大根の絵文字大根だが、一応旬は冬。
冬の寒さにさらされて育った野菜は全体的に甘味が強くなる傾向があるので、冬の大根の絵文字大根は甘くて、おでんに入れるととても美味しい。

おでん大根さん
おでん大根さん

春は山菜の天ぷらと大根おろし、夏はざる蕎麦と大根おろし。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

秋はさんまと大根おろしですね。

おでん大根さん
おでん大根さん

そして冬は、満を持してのおでん大根さ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

おでん大根!辛いはずの大根が、おでんだと甘くて別の美味しさですよね。

おでん大根さん
おでん大根さん

アレはおでんつゆの味もあるけど、冬の大根が特別甘いせいでもあるんだ。


冬の野菜は、細胞の中に糖分を蓄え始める
冬の野菜が甘い理由は、植物たちが自分の体が凍るのを防ぐために、細胞の中に糖分を蓄え始めるためだ。
小学校の理科の実験で、普通の水と砂糖水や塩水の凍る温度が違うという実験をしたことがないだろうか。

水は、温度が下がると隣の水分子とくっつき始める事で凍るのだが、水の中に砂糖などの別の物質が混ざっていると、それらの物質に邪魔されて水分子同士がくっつけなくなる。
その結果、もっと温度が低くなって、水分子たちが「寒すぎる!無理してでも集まるぞ!」と集まる力を強めるまで凍らなくなるのだ。
人間が寒い場所に放置されると凍えて死んでしまう事があるように、野菜だって寒い場所に放置されると体内の水分が凍って死んでしまう。
野菜は自分が死なないために、本来なら成長して体を大きくするために使う糖分を、細胞内にたくわえて凍りにくくし、自分を守り始めるのである。
その結果として味も甘くなり、糖分が多い分、水分は少なくなる。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

おでんの大根が甘いのは、こんな自然界の理由があったんですね…!

おでん大根さん
おでん大根さん

植物も生き物だからね。生きるための工夫をしているのさ。

大根の絵文字大根に限らず人参の絵文字にんじん、かぼちゃの絵文字かぼちゃ、ほうれん草の絵文字ほうれん草などなど、冬の野菜はそういう理由で水分少な目で味がぎゅっと凝縮されて甘くなるというわけだ。
それとは逆に、凍る心配のない春や夏の野菜は、水分たっぷり糖分少な目で、みずみずしくてさっぱりした風味になる
大根の絵文字大根の場合は天ぷらやざるそばに添える大根おろしを作るときは、辛くてさっぱりした味の大根の方が似合うので、夏と冬で上手く使い分けすると良いだろう。

詳しく見る↓
ライン
こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

たしかに秋から冬のかぼちゃはホクホクで、夏はさっぱりシャキシャキしてるわ…!

おでん大根さん
おでん大根さん

そうだろ。ほうれん草も冬だけは特別な「ちぢみほうれん草」ができるし、にんじんも冬の方が甘いのさ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

そういえば、おでんはにんじんを入れても美味しいですもんね。

↑目次へ戻る

詳細

ライン

分類

大根はアブラナ科ダイコン属の植物。アブラナ科の野菜
アブラナ科ダイコン属の植物だ。
アブラナ科といえば所属野菜の多さで有名だ。

小松菜白菜チンゲン菜、水菜、 野沢菜や京菜、そしてケールなど、 葉物野菜はほとんどがアブラナ科。
そしてブロッコリーカリフラワーもアブラナ科。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

こうして見ると、アブラナ科は葉っぱを食べることが多いんですね。

おでん大根さん
おでん大根さん

ブロッコリーやカリフラワーは花の(つぼみ)だし、地上の部分を食べる事が多いね。

だけど、ほら、仲間もいるよ。

二十日大根とかぶとテンサイの違い
おなじダイコン属だと、二十日大根がそうだ。
赤カブ、ラディッシュなどと呼ばれることが多いが、あれはダイコン属なのだ。

ちなみにラディッシュよりも大根によく似た白いカブは、 ダイコン属ではなくアブラナ属で、 砂糖大根と言われるテンサイは、 同じ「大根」という名にも関わらず、 ヒユ科フダンソウ属という、別の種類の野菜なのだ。
表面上の名前だけでは判断できない関係が、 大根の周りを取り巻いているのである。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

二十日大根てカブそっくり…!

おでん大根さん
おでん大根さん

カブはアブラナ属で二十日大根だけダイコン属なんだ不思議だろ?

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

はい。どうしてなんでしょう。

おでん大根さん
おでん大根さん

それはね、葉っぱの違いさ。二十日大根は大根の方に葉っぱの形が似てるんだよ。

とはいえ、カブも大根も同じアブラナ科ではあるから、少しの差だけどね。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

へえ、葉っぱで分類されてるんですね。

おでん大根さん
おでん大根さん

あとは、かぶは辛くないけど、二十日大根には大根の辛味成分が入ってて辛いんだよ。

大根の花と花言葉
なお大根の花は、アブラナ…つまり菜の花の形によく似て、かつ色は大根と同じく純白をした小さな花だ。
花言葉は潔白。

そして適応力だ。
潔白の由来はもちろん、白い色に関係している。
花も実も白い。大根は白さが自慢だ。
そして適応力というのは、アブラナ科であることが関係している。
仲間同士の野菜は、自然の中で交配しやすく、 色々な土地で、たくさんの品種を生み、生き残りやすいのだ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

白い菜の花って、清楚でキレイですね…!

おでん大根さん
おでん大根さん

ははは。花も根も白い、純真潔白な植物なのさ。

大根の仲間たち

日本にも、ものすごく太い桜島大根とか、とっても辛い、からみ大根とか、しもぶくれな形のだるま大根とか、たくさんの大根が存在する。
こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

サトウダイコンだけは科目も違うんですね。

おでん大根さん
おでん大根さん

見た目は似てるんだけどねえ。サトウダイコンはほうれん草の仲間なんだよ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

やっぱり葉っぱが似ているんですか?

おでん大根さん
おでん大根さん

ああ、そうだよ。だから地上部分だけ見るとそっくりなんだ。

生産地

大根の生産日本TOP2

その適応力の高さから、大根はどこかに産地がかたよることなく、日本全国でまんべんなく栽培されている。
とはいえトップは北海道、そして第2位は千葉県だ。

この2つの地域でそれぞれ10%前後の大根がつくられ、 そして続く他都道府県がゆるやかな差で続いている。
旬は秋の終わり~冬の間で、大根は焼き魚やお鍋、 なによりおでんの具のトップスター的存在なので、 寒くなると食べたくなるイメージが強い。
だが、育てやすい春採れの品種も存在していたり、 ハウス栽培も可能なので、一年中いつでも安定供給されている。
大根の適応力が、ここにも生きているのである。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

大根は全国どこでも採れたてが地産地消で食べられるんですね。

おでん大根さん
おでん大根さん

そうだね。各地域で旬の大根を食べるのは美味いもんさ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

旬以外の季節は他県の味を食べて、色々楽しめますしね。

↑目次へ戻る

栄養

ライン

カロリー

大根、小松菜、白菜のカロリー
大根1本の重さは1000~1500gくらい。
そして1000g(1kg)で180キロカロリーだ。

一覧

大根の栄養を図解
名前 イメージ 効果
カリウム 血圧と塩分 血圧を下げる、摂りすぎた塩分を出す
カルシウム カルシウム 骨や歯の材料になる。
ビタミンB6 ビタミンB6 筋肉や血をつくるのを助ける。
ビタミンC ビタミンC 疲れをとってくれたり、風邪の予防になる。肌を綺麗にする。
食物繊維 お通じ良くなる お通じの量をふやす。
アリルイソチオシアネート 胃 胃酸の分泌を促し、消化を助ける。
消化酵素 消化酵素 食べ物を分解して消化を促進する。
おでん大根さん
おでん大根さん

アリルイソチオシアネートは大根の辛味を出す成分だよ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

へえ…!辛さは美味しさ意外に、消化の役にも立ってたなんて知りませんでした。

おでん大根さん
おでん大根さん

胃酸の分泌を促すから、食欲が出なくて困っている時にも効果ありだよ。

だけど何より、食べ過ぎた時は大根!ってのを知ってもらいたいね。

酵素

大根の酵素を図解
さらに大根には消化を助ける酵素(こうそ)がたくさん含まれている。
アミラーゼ:デンプン(糖質)を分解する
プロテアーゼ:たんぱく質を分解する
リパーゼ:脂肪を分解する

食べすぎた時に大根を食べれば、 消化を助けて早く楽にしてくれるので、 お腹が重くて苦しいときは 大根おろしを食べると良いだろう。

たっぷりめにつけるようにすれば、 食べすぎも防げて一石二鳥(いっせきにちょう)だ。

↑目次へ戻る

消化酵素

ライン

アプリ

大根の酵素

お正月太りにも胃もたれにも、大根の消化酵素たちは非常に役に立つ。
なにせデンプン(糖質)、タンパク質、 そして脂質を分解する酵素が3つとも豊富なのだ。

この3つの酵素は、それぞれの頭の文字をとって、 大根のア・プ・リと覚えると、思い出しやすい。
それでは、それぞれの役割を詳しく解説していこう。

アミラーゼ

アミラーゼ

アミラーゼ(Amylase)、別名ジアスターゼ(Diastase)。
デンプンを分解する酵素だ。

(「大根アプリ」のアで覚えよう。)
人間の体内でも作られていて、 唾液や膵液(膵臓の中の液体)として分泌され、 血液の中に入って体中を巡っている。
そして大根…というか植物たちは 種から芽を出すときにアミラーゼを作り出し、 種に含まれているデンプンを分解して、 芽の成長のために使っている。
デンプンは色々な糖がたくさん集まって、 複雑につながり合ったカタマリだ。
アミラーゼはこのカタマリをバラバラにほぐすのだ。
ほぐして小さな物質にしてしまえば、 胃や腸を通過するとき、負担が少なくて済む。
アミラーゼは食べ物が胃に届くより早く、 胃と腸のためにデンプンを分解する解体屋なのである。
小さい頃に「食べ物はよくかんで食べよう」と 教えられたことはないだろうか。
あれは、かむと唾液の中のアミラーゼが、 食べ物のデンプンを分解してくれるので、 消化を助けてくれるのが理由だったのだ。
なお、すっぱいものを食べたときにも 唾がたくさん出るので、かむのと同じ効果がある。
つまり大根おろしに梅干しを乗せれば、 唾液と大根でダブルにアミラーゼ効果が期待できる。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

デンプンを分解する力が、植物の成長にも動物の成長にも役立つなんて面白いです。

おでん大根さん
おでん大根さん

植物も動物も、栄養を使える形に分解して生きてるんだよ。

プロテアーゼ(Protease)

プロテアーゼ

タンパク質を分解する酵素だ。
日本語でそのまま「蛋白質分解酵素」と呼ばれる。

(「大根アプリ」のプは、プロテインのプで覚えよう。)
タンパク質は色々な種類のアミノ酸が、 複雑につながり合ったカタマリだ。
プロテアーゼはこのカタマリをバラバラにして、 1つ1つ色々なアミノ酸に分解していく。
パイナップルと肉を一緒に漬けておくと、 肉が柔らかくなると聞いた事はないだろうか。
パイナップルには大根よりも多く プロテアーゼが含まれていて、 肉のタンパク質を分解して柔らかくしているのだ。
そしてハンバーグやステーキに大根おろしを乗せる、 いわゆる和風おろしメニューも、 消化を良くするために理にかなった料理である。
なお人間の胃液の中にも含まれていて、 日々食べ物の消化を助ける役割を果たしているのだが、 植物の場合はちょっと違う役目を担っている。
なんと害虫を寄せ付けないための成分なのだ。
小さな体にタンパク質分解酵素は毒なのだろう。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

こっちは虫よけ成分なのにタンパク質を分解…?

おでん大根さん
おでん大根さん

あはは。虫は自分の体を分解されたくないから近寄らないのさ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

あ、なるほど…!

リパーゼ(lipase)

リパーゼ

脂質を分解する酵素だ。
(「大根アプリ」のリで覚えよう。)

人体では膵臓でつくられていて、 脂肪を脂肪酸とグリセロールという 2つの物質に分解するはたらきを担っている。
植物の中でも同じようなはたらきをしていて、 種に含まれる脂肪分を分解して、 発芽するための栄養を作っているのだ。
ついでに成長する過程で増えすぎた脂肪も、 うまく分解して茎や葉を健康に保っているらしい。
植物から色々な脂が採れることからわかる通り、 植物だって動物と同じく脂質を含んでいる故に、 こっそりダイエットしている場合もあるという事だろうか。
ちなみにアボカドにんじんにも リパーゼは多く含まれている。

おでん大根さん
おでん大根さん

これは植物も動物と同じでダイエットもしてるのさ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

ふふ。それぞれの役割を知ると面白いです。

↑目次へ戻る

歴史

ライン

世界

大根の歴史

大根は歴史も古く、そして古くから各地に存在していた。
紀元前3000年以上前からエジプトやギリシャで食べられていて、 中国でも紀元前500年前には栽培が始まっていたそうだ。

そしてピラミッドの壁画には、大根が描かれていて、 ギリシャのアポロ神殿にも奉納されていた記録があるという。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

ピラミッドに大根の壁画…!?

おでん大根さん
おでん大根さん

面白いだろ。今でもギリシャではピクルスにして食べたりしているよ。

日本

日本でも西暦400年台、つまり古墳時代の頃に、ユーラシア大陸から色々なルートで各地に運ばれてきた
712年に出た、日本最古の書物である古事記でも、 大根王(オオネノキミ)という死者の世界の王が登場する。

当時は大根のことを於朋泥(おほね)と呼んだりしたので、 おほね…骨。そして大根…根(地底に伸びるもの)ということで、 大根はちょっぴり不吉なモチーフだったようだ。
枕草子の中で清少納言も、以下のように書いている。
えせものの所得るをり。正月の大根。
これは、大した事ないのに幅を利かせているヤツ!正月の大根! …と、大根の悪口を言っている。
正確にはそこから「その大根みたいな男がいる。ヤなヤツ!」 という感じで特定の男性への批判になっていくのだが、 大根みたいなヤツ!ウザイ!という、 大根へのネガティブイメージが伺える。
なお大根には大根役者とか大根脚とか、 ちょっぴり悲しいイメージの言葉もある。
だが白く輝く潔白な大根は、 いつでも食卓のお供として、多くの人に愛されている。
天ぷら、ざるそば、焼きさんまにお刺身。
和食の付け合わせに大根おろしや千切り大根は欠かせない。
それにおでんはもちろん、ブリ大根に味噌田楽…。
大根はいつだって、老若男女を魅了するのだ。

おでん大根さん
おでん大根さん

昔は甘いものの方が人気だったしね。大根は大きい割に味気なかったんだろうさ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

とっても美味しいのに、少し悲しいです…。

おでん大根さん
おでん大根さん

あはは!これだけ話題になるほど、昔っから生活に馴染んでたってことさ。

↑目次へ戻る

ライン

おろす場所

大根の部位

大根おろしは、おろす場所や角度で味がかわる
葉の根本近く:甘くて水分が多い
真ん中:甘い
先端:辛い

おろす角度

縦にまっすぐおろす:繊維(せんい)が分断されてふわふわになる
斜め~横におろす:繊維がのこってザクザク感がでる

好みのおろし方でいただこう。
葉っぱは炒めたり、 煮物にすると美味しい。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

私、普段はふわふわ派だけど、おそばには斜めおろしにして歯ごたえを楽しみます。

おでん大根さん
おでん大根さん

おっ。なかなか通だね!

見分け方

美味しい大根の見分け方

・太いものを選ぶ(先まで太い方が良い)
・まっすぐなものを選ぶ
・重たい方を選ぶ
・固い方を選ぶ
・ヒゲが少ない方を選ぶ
 └うまく成長できないとヒゲがふえる
・表面にでこぼこが少ないものを選ぶ
・上の方が黒くなっていないのを選ぶ
・葉っぱ付きは、葉が緑のものを選ぶ

おでん大根さん
おでん大根さん

太くてまっすぐなのを選びな!



保存方法

保存するときは寝かせず縦にしまっておくと長持ちする。
乾燥をふせぐのにラップやジップロックで 包んでおくと良い。

↑目次へ戻る

地方大根いろいろ

ライン
江戸野菜(江戸東京野菜)や京野菜など、大根には日本全国のそれぞれの土地に合うブランド品種が存在する。
その中でも有名なものをいくつか紹介したい。

大蔵大根大蔵大根(おおくらだいこん)

東京都世田谷区付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
一般的な大根と同じく長くて白いタイプだが、根本から先端までずっと同じ太さで、まるで円筒のような形なのが特徴。

亀戸大根亀戸大根(かめいどだいこん)

東京都江東区付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
一般的な大根より短くて細め。色は白いものの大根というより、形はにんじんにそっくりだ。

桜島大根桜島大根(さくらじまだいこん)

鹿児島県内の島である桜島の名産大根。
まるで…というか巨大なかぶと言った方が信じられるくらい、短くて太くてまるまるした形をしている。

成人男性の頭よりずっと大きく、実も詰まっている。

汐入大根汐入大根(しおいりだいこん)

東京都荒川区付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
亀戸大根と似て、一般的な大根より短くて細め。
色は白いものの大根というより、形はにんじんにそっくりだ。

志村みの早生大根志村みの早生大根(しむらみのそうせいだいこん)

東京都板橋区付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
「早生」というのは、種を蒔いてから収穫までの期間が短いという特徴を指している。
細くて長くて、ひょろっとした印象の形で、そして辛味が強めだ。

聖護院大根聖護院大根(しょうごいんだいこん)

京都府左京区の聖護院付近で育てられている京野菜の1つ。
成人女性の頭部と同じくらいのサイズの、きれいな球体に近い形の大根。

高倉大根(高倉大根(たかくらだいこん)

東京都八王子市付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
一般的な大根よりもやや細く、中央よりもやや先端に近い部分が一番太いのが特徴。
「細長いのにしもぶくれ」そんな感じだ。

東光寺大根の物語東光寺大根(とうこうじだいこん)

東京都日野市付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
形は高倉大根によく似て、細長くてややしもぶくれ。
他の大根より味に苦みがあるのが特徴だ。

練馬大根練馬大根(ねりまだいこん)

東京都練馬区付近で育てられている江戸東京野菜の1つ。
大蔵大根や三浦大根の祖先となった品種で、長くて細くてしもぶくれな形が特徴。
長さは1m以上になるものも多い。

三浦大根三浦大根(みうらだいこん)

神奈川県の三浦半島で栽培されている大根。
大きさも太さも一般的な大根と同じくらいだが、形が微妙にしもぶくれである。
生のままでもなんとなくもっちりと弾力があり、柔らかい。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

ふふ…。みんな形が違って面白いです。

おでん大根さん
おでん大根さん

そうだろ?ぜひとも全国の大根を食べ比べてみてほしいねえ。

↑目次へ戻る

名言



人を憎んでる暇なんてない。わしには、そんな暇はない。

黒澤明の名言黒澤明

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

私もこれくらい前向きだったら人生違ったのかしら…

おでん大根さん
おでん大根さん

今からだって遅くないさ。それに、ときどき後ろ向きになっても立ち直るあんた、私は好きだよ。

こんにゃくちゃん
こんにゃくちゃん

うう…。私、おでん大根さんに会えてよかったです。



↑目次へ戻る

4コマ漫画

イラストレーターで描いた 「大根」の4コマ漫画。

4コマ漫画「大根の過去」

↑目次へ戻る

※このページの記事を読むとマンガはより楽しめます。

つづく

登場キャラクター紹介

イメージ名前紹介
こんにゃくこんにゃくある日突然、人間からこんにゃくへと転身してしまった女性。 はじめは混乱していたが、よき仲間に恵まれてこんにゃくライフを満喫中。 内気でひかえめな性格だが、根はポジティブ。
おでん大根さんおでん大根さんお風呂が大好きなおでん用大根。 無人直売所で売れ残った結果、おでんの具として5分割された。 他の4切れとは姉妹同士で、別々に暮らしている。面倒見の良い性格。


マンガ関連リンク

ライン
↑目次へ戻る

間違い探しクイズ

きのうのマンガの間違い探しクイズ 4コマ漫画「なっとうへの道」より 2つのイラストには、ちがうところが7つある!

毎日やれば、集中力と記憶力の向上が期待できる!
昨日の4コマ漫画のイラストの間違いを探そう!
7つ全部みつけられるかな?

関連記事

きのうのマンガの間違い探しクイズの答え 4コマ漫画「なっとうへの道」より 問題にもどる
大根イラスト radish