イラレブック

イラストレーターで描いたアイコン集

大根

美味しいを選ぶ見分け方


大根
Tweet #EikyuhozonbanN

大根とは


栽培技術(さいばいぎじゅつ)が発達して、
1年中()れるイメージがある野菜も、
やはり(しゅん)のものは美味しい

大根

冬の大根は甘いのだ。

おでんに入れてよし
おろして魚や天ぷらに添えてもよし。

そんな大根美味しい見分け方。
それに栄養もまとめてみた。

美味しい大根の見分け方


美味しい大根の見分け方

・太いものを選ぶ(先まで太い方が良い)
・まっすぐなものを選ぶ
・重たい方を選ぶ
・固い方を選ぶ
・ヒゲが少ない方を選ぶ
 └うまく成長できないとヒゲがふえる
・表面にでこぼこが少ないものを選ぶ
・上の方が黒くなっていないのを選ぶ
・葉っぱ付きは、葉が緑のものを選ぶ

保存するときは寝かせず
縦にしまっておくと長持ちする。

乾燥をふせぐのにラップやジップロックで
包んでおくと良い。

大根の栄養


大根1本の重さは1000~1500gくらい。
そして1000g(1kg)で180キロカロリーだ。

カリウム:血圧を下げる、摂りすぎた塩分を出す
カルシウム:骨や歯の材料になる
ビタミンB6:筋肉(きんにく)や血をつくるのを助ける
ビタミンC:肌や粘膜(ねんまく)を健康に保つ。
食物繊維(しょくもつせんい):お通じを改善する

さらに大根には
消化を助ける酵素(こうそ)がたくさん含まれている

アミラーゼ:デンプンを分解する
プロテアーゼ:たんぱく質を分解する
リパーゼ:脂肪を分解する

食べすぎた時に大根を食べれば、
消化を助けて早く楽にしてくれるので、
お腹が重くて苦しいときは
大根おろしを食べると良いだろう。

たっぷりめにつけるようにすれば、
食べすぎも防げて一石二鳥(いっせきにちょう)だ。

なお大根おろしは、
おろす場所や角度で味がかわる。

大根の部位

葉の根本近く:甘くて水分が多い
真ん中:甘い
先端:辛い

縦にまっすぐおろす:繊維(せんい)が分断されてふわふわになる
斜め~横におろす:繊維がのこってザクザク感がでる

好みのおろし方でいただこう。

葉っぱは炒めたり、
煮物にすると美味しい

今日のイラレッスン Vol.2


今回描いた大根
イラストを描く時に使っている
テクニックを紹介!

今回は、グラデーションの作り方
キレイな円の描き方は、
前回の「折り畳み定規」の回にあるイラレッスンを見てね。

大根の描き方


大根

大根 関連リンク


ホームへ戻る

イラレブック